千葉の議論

全線開通時は赤字覚悟の値下げも実行 新京成電鉄、沿線と一体で歩んだ60年

【千葉の議論】全線開通時は赤字覚悟の値下げも実行 新京成電鉄、沿線と一体で歩んだ60年
【千葉の議論】全線開通時は赤字覚悟の値下げも実行 新京成電鉄、沿線と一体で歩んだ60年
その他の写真を見る (1/3枚)

 新京成電鉄(松戸-京成津田沼、26・5キロ)が21日、全線開通60周年を迎えた。60年間で車窓風景は田園から首都圏の都市へと一変、小さな電車は最新の6両編成になったが、沿線住民の足としての役割は昔も今も変わらない。21日からは記念乗車券の限定販売も行われている。

 新京成電鉄線の基になったのは旧陸軍の演習線だ。千葉-松戸間45キロのうち、同電鉄が津田沼-松戸間の払い下げを受け、昭和22年12月27日に新津田沼-薬園台間2・5キロを開通。その後に路線を徐々に延ばし、初富-松戸間の工事が完了して30年4月21日に全線が開通した。資金と資材の不足を民間企業や鉄道各社の支援で乗り切り、鉄道連隊時代のルートからは西に大きく外れていた国鉄(現JR)松戸駅への乗り入れも松戸市や国鉄の協力で実現したという。

 全線開通当日は多くの市民が午前5時32分の始発電車を松戸駅で見送り、東口では演芸大会が開かれた。祝いの花火の不手際で、近くの寺の薬師堂が焼失した苦い思い出も電鉄の記録に残されている。

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 名脇役の斎藤洋介さんが死去 69歳、人知れずがんで闘病

  3. 中村玉緒の息子・鴈龍さん、孤独死していた…55歳

  4. 【スクープ最前線】「核テロ」か「亡命」か 窮鼠のプーチン大統領が狂乱状態に 「台湾統一」難しくさせたと習主席は激怒 盟友から一変、首脳会議で何が

  5. きよ彦さん死去…毒舌キャラでタレントとしても人気集めた着物デザイナー