スピース独走14アンダー 2日間の史上最少スコア マスターズ

「マスターズ・トーナメント」2日目成績
「マスターズ・トーナメント」2日目成績

 (10日、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGC=7435ヤード、パー72)

 21歳の新鋭が想像以上の強さをみせている。初日に64で回って単独首位に立ったスピースは、2日目も6アンダー、ノーボギーの66で回り、通算14アンダーまで伸ばした。第2ラウンドまでの大会最少スコア記録を1打塗り替えた。2位に5打差をつけ独走態勢に入った。

 おとなしそうな風貌だが、落ち着き払ってときどき笑顔をみせる余裕もある。ショットが曲がらず、着実にグリーンを捕らえ、5メートル前後のバーディーパットが次々とカップに吸い込まれた。正確なグリーン上の読みはまるでベテラン選手のようだ。

 2日間36ホールの130はレイモンド・フロイドの131を抜いてマスターズ史上初。メジャー4大会全体でも130は過去にニック・ファルド(英国、2012年全英オープン)ら3人が記録しているだけだ。

 それでもスピースは「この2日間に起きたことや歴史は、優勝できなければ何の意味もない」と気を引き締めた。

 マスターズ最年少優勝記録はタイガー・ウッズの21歳3カ月(1997年)。この記録に次ぐ21歳8カ月での優勝は現実味を帯びてきた。

 スピースはウッズと同様に全米ジュニア・アマチュア選手権のタイトルを獲るなど次世代のスターとして期待を集めてきたが、予想以上に早くその実力を開花させようとしている。

  1. 1月30日スタート!NHK朝ドラ「舞いあがれ!」第18週あらすじ 貴司(赤楚衛二)の受賞を祝う会で悠人(横山裕)は…

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. 1月29日放送NHK大河「どうする家康」第4話あらすじ 信長(岡田准一)から驚くべき条件を提示される元康(松本潤)

  4. 赤楚衛二の「ふと、僕の下の名前がセイジだったら…」にファン爆笑「仕事中に笑わせないで」「座布団2枚w」

  5. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

twitterプレゼントキャンペーン

twitterプレゼントキャンペーン