イルカ打ち上げ、大地震の前兆? 東日本大震災の前にも…専門家が警鐘(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

イルカ打ち上げ、大地震の前兆? 東日本大震災の前にも…専門家が警鐘

 一体、この現象は何を意味するのか。夕刊フジで「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」(木曜)を連載する武蔵野学院大学特任教授の島村英紀氏は「イルカと地震との関係は未解明な部分が多い」としながらも、こう解説する。

 「魚を含めて海中に住む生物は、研究者が使用する観測機器よりも格段に優れた電気センサーを体内に持っている。地震が発生する直前、海底プレートに流れる電流を敏感に感じていてもおかしくない。(東北の)三陸沖では過去、イワシの豊漁があったときに大地震が起きたといわれている。イルカも海中のなかの異常を感知したのかもしれない」

 イルカに異常行動をとらせた可能性のあるプレートの状態だが、こんな気になる研究報告もある。「プレートは『3・11』後も動き続けており、すでに同じレベルの大地震を発生させる地殻のひずみを生んでいるとの説も(地震学者の間では)唱えられている」(島村氏)

 普段からの備えをさらに徹底したい。

  1. ワクチン接種直後196人死亡で考える「打つべき人」と「打たないほうがいい人」
  2. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」
  3. 時短せず「ノーマスク」で接客する店も 「ナメんじゃねーよ!!」と怒る反逆飲食店の言い分
  4. 会見拒否問題が泥沼化 大坂なおみ「さようなら。これでせいせいする」のジャケット写真投稿
  5. 伊藤美誠に妨害ライト? 卓球・韓国戦、テレビクルーのカメラから 試合中断、審判にアピール