「爆買い」の次は〝爆花見〟〝爆宿〟だ! 中国人殺到…ビジネスホテル3万円!割り食ったサラリーマン悲鳴

中国人観光客らで賑わう秋葉原=2日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)
中国人観光客らで賑わう秋葉原=2日午後、東京都千代田区(蔵賢斗撮影)

 各地で桜が見頃を迎える中、海外、とりわけ中国からの花見客が急増し、首都圏を中心に深刻なホテル不足が生じている。中国人旅行者は2月の「春節(旧正月)」にも大挙して日本を訪れ、高額・大量消費する「爆買い」が話題となった。お花見シーズンの期間は、前年同期比2倍以上の中国人客が入国する見通しだ。各地のホテルを埋め尽くすさまは、さながら爆宿爆花見の様相だ。

 「今年は花見客の半分以上が中国などの外国人だ」

 上野観光連盟(東京都台東区)の担当者はこう打ち明ける。上野公園には毎年200万人以上の花見客が訪れるが、今年は人混みで飛び交う中国語が目立つ。昨年は4割程度だった外国人比率が、今年は5割以上になったとみられる。

 中国人を中心とする観光客の大量流入で、首都圏では4月上旬のホテル不足が深刻だ。上野地区では「ビジネスホテルを中心に周辺の宿泊施設の稼働率は軒並み90%以上。飛び込みの予約はまず取れない」(同連盟)という。

  1. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  2. 【衝撃事件の核心】しょうゆ差しに入れたのは…教職男の転落

  3. 死への虐待、4歳児最後の願い「ママ、お茶が飲みたい」

  4. 子供の病気やけがつくり出す「代理ミュンヒハウゼン症候群」 専門家「多くの誤解」指摘「小児に関わる医療者が意識を」

  5. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判