川内原発、使用前検査始まる 再稼働へ最終段階

 原子力規制委員会は30日、九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県)で、機器や設備の性能を現地で確認する使用前検査を始めた。再稼働に向けた最終段階に入り、順調に進めば九電は7月上旬に原子炉を起動し、再稼働を果たす。

 この日は、原子力規制庁の大場國久(くにひさ)・首席原子力施設検査官ら5人が、九電担当者を前に検査の手順を説明。九電が作成した施設の品質管理を担う組織体制を記載した書類を一つ一つ確認した。

 九電の計画書によると、使用前検査は、営業運転直前まで約4カ月半かけて行われる予定で、6月上旬までに設備の外観や耐圧具合、漏洩(ろうえい)がないかなどを確認する。

 その後、原子炉に燃料棒を入れて起動前の性能確認を実施し、7月上旬に原子炉を起動。約1カ月半にわたる試運転と最終検査となる総合的な性能確認を行い、8月にも本格的な営業運転に入る。

  1. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月9日OA第50話あらすじ 特訓が続き舞(福原遥)が発熱、悠人(横山裕)は両親に近づこうとせず…

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月8日OA第49話あらすじ ソロフライト訓練の着陸で舞(福原遥)はまたもセンターラインを外し…

  4. NHK朝ドラあすの「舞いあがれ!」12月7日OA第48話あらすじ 予習に姿を現さなかった柏木(目黒蓮)の部屋を訪ねた舞(福原遥)は…

  5. 「殺害」も示唆 プーチン大統領の盟友が公然批判 要衝ヘルソン撤退でタブーだった批判が噴出 国内の権力闘争が激化する可能性も