「睡眠時の調査」のはずがネットに自分のわいせつ動画…女性驚愕、被害100人か

 野口被告は54歳だが、「身体はボロボロ」(ある県警幹部)で、逮捕後の勾留中に手術も受けているという。

 だが、捜査関係者は悪質な犯行に憤りを隠さない。アルバイト代を払い、温泉宿までの交通費や宿泊費も払っていたことから「実際は自分の性欲を満たす目的が一番だったのだろう」と話す。

「油断して寝ない」ことがまず第一

 一緒に酒を飲んでいると急に睡魔に襲われ、目が覚めると時計や現金がなくなっているという「声優のアイコ」による昏睡強盗容疑事件が昨年は世間を騒がせた。

 こうした被害は依然として尽きない。今月、警視庁組織犯罪対策2課が逮捕したナイジェリア国籍の飲食店経営の男(49)は、経営する新宿・歌舞伎町の店で客にテキーラなどアルコール度数の高い酒を飲ませ、現金を奪っていたとされる。

 今回の事件のように酒に睡眠導入剤を入れられてしまっては抵抗のしようがないが、初めて訪日した外国人は、電車内で無防備に寝ているサラリーマンらを見て大抵驚くという。悪意から自分の身を守るには、まずは人前で無防備に寝ることに対してもっと抵抗感を持つべきなのかもしれない。

 ■こんな記事も… 最長17時間も強姦犯行…懲役25年レイプ魔の「悪魔の所業」

  1. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  2. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」柏木学生(目黒蓮)「お前のこと…」に続く言葉は?ネット大喜利化「ゴメン、やっぱり紬(川口春奈)が好き」

  3. 「水ダウ」クロちゃん企画、“本物”美女が脱落に 衝撃走る「ちょっと泣いてしまったw」「仕掛け人だと思ってた」

  4. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  5. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」