甘口辛口

日本バスケットボール協会がFIBAのパフォーマンスに振り回されるのは、身から出たサビ

■12月19日

 「タスクフォース」とは、もともと軍事用語で任務のために各部隊からえりすぐった精鋭部隊のことだ。国内男子2リーグの統一問題などで無能力ぶりをさらけ出した日本バスケットボール協会に、無期限国際試合出場停止の制裁を科した国際連盟(FIBA)は協会改革のためタスクフォース(特別チーム)を編成するという。

 名称からして世界のバスケット事情に通じ、実行力のある若手を中心に思い切った改革案を打ち出すのかと思った。しかし、来日したFIBA・バウマン事務総長によると日本オリンピック委員会(JOC)や日本体育協会、有識者、FIBAの担当者ら10人程度で構成されるようだ。

 一部報道では日本サッカー協会の川淵三郎最高顧問も候補に挙がっているという。同氏は日本トップリーグ連携機構副会長として2リーグ統一の仲介に乗り出したこともあった。しかし、企業チームの多いナショナルリーグが、サッカーのように「企業名を外す」という提案に猛反発し決裂している。

 「川淵さんのサッカーでの手腕は見事だったが、欧州のクラブ型とバスケのプロイメージはまったく違う。いまさら…」と首をひねる関係者もいる。この構成では、どこの社会でも最近何か問題が生じると、必ず申し訳のように設置される「第三者委員会」といった方がぴったりではないか。

 18日に帰国したバウマン氏は総辞職を表明している理事会問題など現実に即した対応策は示さなかった。一方で提言を受け入れれば来年のリオ五輪予選に間に合うよう制裁を解く、と手品のタネ明かしまでした。こんなFIBAのパフォーマンスに振り回されるのも、身から出たサビだろう。 (今村忠)

  1. 中露〝蜜月崩壊〟習主席がプーチン氏見捨てた!? 「ロシアの敗北は時間の問題」中国元大使が発言 インドの浮上で変わる世界の勢力図

  2. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  3. ロシア大敗、反攻猛進撃のワケ ウクライナが東部要衝奪還、東京なら1・4倍の広さ 「プーチン大統領は四面楚歌状態」渡部氏

  4. 山梨の女児不明 20分間に何があったのか 家族が経過明かす

  5. ウクライナ避難民女性と日本人の身元保証人にトラブル続発 78人が日本から出国