主張

香港の抗議行動 民主化要求は止まらない

 事態を憂慮した超党派の英下院議員団は先月末、「一国二制度」合意の順守状況調査のため香港入りしようとしたが、中国はこれも拒否した。合意当事国である英国の議員が現状把握に当たるのは、当然の権利である。

 そればかりか、在英中国大使館幹部が1984年の中英共同宣言はすでに無効だとの見解を示したことも、緊急招集された下院審議の中で明らかにされ、英国側の反発は強まっている。

 宣言は、97年の香港返還と返還後50年間の「高度な自治」を規定した国際的取り決めである。中国が国際合意をほごにするというなら絶対に許されない。

 学生らの街頭行動はいったん収束しつつあるようにみえる。長期の街頭占拠は観光や商業に打撃を与え、バリケード撤去を求める声も強まり、当局は巧妙に強制排除の動きを速めている。

  1. 【許さない 未解決事件のいま】(3)ポツンと一軒家の惨劇 私的懸賞で解決願う長男 茨城高齢夫婦殺害

  2. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  3. NHK「舞いあがれ!」吉田学生(醍醐虎汰朗)トレンド入りで朝ドラファン「この子ヒロインか」

  4. きっかけはウエディングドレス 入籍1カ月半の元教諭はなぜ新妻を殺害したのか

  5. 母親が11歳娘に覚醒剤与えて交際相手とのわいせつ行為を撮影、立件した滋賀県警の執念