主張

香港の抗議行動 民主化要求は止まらない

 香港の民主化に逆行する中国の決定に対する学生らの抗議行動が転換点を迎えている。

 香港当局は、裁判所による道路占拠禁止命令を強制執行する形でバリケードと学生らの排除を段階的に進めている。

 混乱を招いた根本的な責任は、そもそも住民の民主化要求を拒否する中国にある。中国はあくまでも流血を回避し、「高度な自治」を保障した「一国二制度」の国際公約を順守しなければならない。

 学生らの街頭占拠は、中国が2017年に初の普通選挙(直接選挙)で実施される香港行政長官選挙をめぐり、中国の意に沿わない候補を事前に排除できる制度を導入したことが発端だった。

 民主派が、一定数の住民の支持があれば誰でも立候補できる制度を求めたのは、もっともだ。

  1. NHK朝ドラ「ちむどんどん」ハワイで成功、3児の母…金吾(渡辺大知)と早苗(高田夏帆)の近況に視聴者興味津々も「賢吉は?」

  2. 残り2話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月29日OA第124話あらすじ 歌子(上白石萌歌)の体調に異変が…

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  5. 立民・辻元氏は「ブーメランのプロ」 旧統一教会関連団体の勉強会参加、維新・馬場氏が苦言 国葬当日、党の公表に「卑劣なやり方」政治学者