産経抄

12月7日

 職業柄、人の盛衰を語る際に手拍子で「都落ち」や「西下」の言い回しを使うことがある。地方を下風に置く後ろめたさを感じつつも、目をつぶってキーボードをはじく。あの『坊っちゃん』だって堂々と田舎をさげすんでいたではないか…。

 ▼丸谷才一さんも、かの名作を「差別小説」と認めていた。大衆が受け入れたのは伝統の問題だ、と。「首都はあこがれるもの地方は厭(いと)ふものと相場が決まつていた」(『闊歩(かっぽ)する漱石』講談社)。「地方分権」が選挙公約の通り相場となった当節は禁則ワードであろうか。

 ▼「地方創生」なる言葉が実りの季節を待ちわびて久しい。目下の選挙で各党は、地方への権限移譲、財源移譲と口をそろえるものの、手拍子で「そうせい、そうせい」とはいかないようだ。若者のあこがれを吸い寄せて、丸々と実る東京のダイエットは難題である。

 ▼高度経済成長期に郊外に移転した大学も、再びキャンパスの「東上」を進めているという。世は少子化の「全入時代」。インターンシップも就職活動も、最前線は都心にあるからやむを得ないが、大学に去られた地方都市の商店街などは深刻なダメージに嘆いている。

  1. 「もううんざり」国連勤務の露外交官、侵攻批判し辞職

  2. 安倍元首相銃撃事件で注目「旧統一教会」桜田淳子の現在地 34歳で合同結婚式に出席、テレビや舞台から去り…女優の道は閉ざされた

  3. NHK鈴木奈穂子アナ「あさイチ」ドタバタハプニングを視聴者フォロー「これぞ神回」

  4. 〝プーチン暗殺〟米上院議員が呼びかけ 「あの男を殺すしかない」ニュースのインタビューで発言 露出身の実業家は懸賞金も

  5. 【衝撃事件の核心】屈強な「佐川男子」、暴力団員すら圧倒 世にも奇妙な恐喝未遂事件の一部始終