番頭の時代(12)

カリスマ「永守」をハッとさせた番頭の一言「私が辞めたら困るのはあなたですよ」

 平成17年、日本電産の関連会社の社員による不祥事が問題になった。通常なら当然、解雇処分だ。しかし、社長の永守重信は問題の社員に以前から目をかけていた。解雇の踏ん切りがつかない永守に、副社長の小部(こべ)博志は迫った。

 「一度特例を作ると組織の規律は保てない」

 学生時代から常に頭が上がらなかった親分に対する諫言(かんげん)は、小部の覚悟の表れだ。それが会社のため、ひいては永守のためになると小部は信じていた。

 ワンマン経営者である永守は、ややもすれば社内で誰も異なる意見を言えなくなる危険がある。だからこそ、ブレーキ役が欠かせない。永守は小部を手ばなしで評価する。

 「彼なくして今の会社はないわ。成功している人の裏には、必ず番頭がいる。今の時代では代表的な番頭や」

              ◇  ◇  ◇

 永守には印象に残っている小部の言葉がある。「『お前なんかいらん』と言ったとき、小部に『私が辞めたら困るのはあなたですよ』と言われ、ハッとした」と振り返る。

  1. 【安保法案特別委採決】辻元氏、涙声で「お願いだからやめて!」と絶叫 民主、プラカード掲げ抵抗

  2. 板野友美インスタ更新「何にも変えられない心の支え」 ヤクルト・高橋奎二と結婚

  3. 【ニュースの核心】「ワクチン入手困難」の韓国・文大統領が“命乞い” あす米韓首脳会談、見抜かれている“二股外交”のツケ…「踏み絵」迫る可能性

  4. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  5. 名将・野村克也が見抜いていた「高津にあって矢野にないもの」