映画オタク記者のここが気になる!

しずかちゃんの入浴シーンは児童ポルノ法に抵触する? CG版「ドラえもん」にみる昭和のおおらかさ

「とにかく可愛くしたかった」と八木竜一監督が語るしずかちゃん(映画「STAND BY ME ドラえもん」から)
「とにかく可愛くしたかった」と八木竜一監督が語るしずかちゃん(映画「STAND BY ME ドラえもん」から)

 藤子・F・不二雄の代表的な漫画を3DCG(3次元コンピューターグラフィックス)で映画化した「STAND BY ME ドラえもん」(公開中)は、実にズルい作品だ。原作にある数々の感動的なエピソードを1本につなげるなんて、絶対に泣けるに決まっている。特に小学生のころに読んでジンときた「さようなら、ドラえもん」を入れるなんて、ほとんど反則技に近い。

 監督は日本初の長編3DCGアニメ「friends もののけ島のナキ」(2011年)を手がけた八木竜一と山崎貴の2人。「friends」はハリウッドのピクサー社が製作した「トイ・ストーリー」シリーズに匹敵する感動作だったので納得だ。「STAND BY ME(以下「SBM」)ドラえもん」を製作した日本のピクサーであるクリエーター集団「白組」のオフィスで八木監督に話を聞いた。

  1. 【衆院選2021年秋】与野党“落選危機リスト”大物・著名候補28人 東京18区・菅直人氏が大接戦 大阪は三つどもえ 岩手3区・小沢一郎氏は高齢も意気軒昂

  2. ヒカキンの20年後の姿に「登録者10億人w」「髪の毛がぁ…」とネット爆笑 「バトルフィールド 2042」トレーラー映像に登場

  3. 「いちゃもん、うっとうしい」吉村知事が枝野氏を痛烈批判

  4. 内田理央のおっぱい写真にファン大興奮「一瞬ビビった」「萌え死んだ」

  5. 巨人・小林“謎の昇格”にナイン「いよいよトレードだ」と惜別 捕手を4人体制とした原監督の真意は