ジブリ、アニメ撤退 映画制作部門を解体 「ポスト宮崎駿」育てられず

アニメ映画制作から撤退を決めたスタジオジブリ。鈴木氏(左)にとって宮崎監督(右)の引退はやはり大きかった
アニメ映画制作から撤退を決めたスタジオジブリ。鈴木氏(左)にとって宮崎監督(右)の引退はやはり大きかった

 「千と千尋の神隠し」(2001年)や、「となりのトトロ」(1988年)などの大ヒット映画を送り出してきた「スタジオジブリ」(東京都小金井市)が、アニメ制作から撤退することが4日、分かった。映画制作部門を解体し、今後は版権管理などの事業だけを継続するとみられる。公開中の「思い出のマーニー」(米林宏昌監督)がジブリ最後の長編作品となりそうだ。宮崎駿監督(73)の引退表明から1年足らず。世界に冠たる日本のアニメ業界にとっても大きな局面を迎えた。

 やはり、宮崎駿監督の引退は大きかった。

 関係者によると、200人以上とされるスタジオジブリ所属のアニメーターには、今年春の段階で、すでに制作部門の解散を伝えていたという。実質のアニメーター採用である研修生募集についても、昨年秋から見送っており、すでに人員整理に取りかかっていたとみられる。

 今後は、東京都三鷹市にある「三鷹の森ジブリ美術館」の運営管理や、「となりのトトロ」や「風立ちぬ」といった長編アニメなどの関連グッズや版権の管理事業を継続していくことになる。

  1. ヒロミ、すい臓がん早期発見検査発表会で「脾臓がないので気にしている」

  2. 野菜のプロ直伝「おでんの大根 一瞬で味を染み込ませる方法」に「いいね」続々「これ本当に一撃で味が染みる!」

  3. 日本の歴史的勝利に海外ファン「まったく驚かない」「ベルギーを追い詰めたことを忘れたのか?」

  4. 【虎のソナタ】思わぬ大物が阪神へ移籍してくるかも 12・9現役ドラフトは大注目

  5. 61歳・エスパー伊東、認知症で老人ホーム生活 バラエティー番組の人気者の早すぎる余生 ホーム担当者「会話少なく…あまりいい状態ではない」