話の肖像画

親子力士のまげ結わせてもらえた 日本相撲協会特等床山・床安(63)(1)

 <大相撲の世界に欠かせない存在が力士の髪を結う床山だ。本場所だけでなく、毎朝の稽古後や全国各地の巡業で黙々と仕事をする職人。裏方でも行司や呼び出しと違い、土俵に立つことはないが、力士が成長していく姿を誰よりも近くで見守る存在である>

 この世界に入って48年目になります。最初は何も知りませんでしたが、関取や親方衆と朝まで飲み歩いたり、国賓待遇の海外巡業に同行させてもらったり。出会いにも恵まれました。普通は経験できないことをたくさんさせてもらい、相撲界には感謝しています。

 <長く続けてきたからこそ、感慨深い瞬間があった>

 25日に千秋楽を迎えた夏場所で、境川部屋の佐田の海関が新入幕を果たしました。関取の父親はおなじしこ名で元小結。実は現役時代に、私がずっとまげを結っていた力士なのです。親子幕内力士のまげを結わせてもらえるなんて思ってもみませんでした。

 <過去には元大関貴ノ花と元横綱貴乃花、3代目若乃花親子を結った床山がいるが、極めて珍しいケースだ>

 父親とは同じ出羽海部屋に所属し、年が近いこともあって仲が良かったのです。関取になってからも自分にしか頭を触らせませんでした。結婚する前は毎日のように一緒にいましたね。

  1. 安倍元首相に18万人超が「デジタル献花」

  2. 【虎のソナタ】井端さん、鳥谷さんが絶賛する現役一塁手は?

  3. NHK「ちむどんどん」草苅正雄、親子出演に朝ドラファン感動「迫真の演技」「マユちゃん大人になった」

  4. 【ニュース裏表 平井文夫】「国葬欠席」のSNS掲載 批判相次ぐ立民の蓮舫、辻元両参院議員 情けなく恥ずかしい…ジョージアの大使に教えられた死者への敬意

  5. 残り3話!NHK朝ドラあすの「ちむどんどん」9月28日OA第123話あらすじ 暢子(黒島結菜)の新店「やんばるちむどんどん」開店前日に思わぬ事件が…