衝撃事件の核心

生活保護費2億6000万円着服に使われた課内の「印鑑550本」の異様…弁護士「職場は異常な雰囲気だった」、公費不正の闇

 一方、弁済について市は、2億6千万円だけでなく、今後の調査で確定させる横領額や民法上の年5%の遅延損害金、事件の調査に要した費用などをの支払いを請求すると発表。市の担当者は「(宮本被告の)資産の範囲内で2億6千万円プラスアルファの分の支払いは十分可能性と見込んでいる」としている。

  1. 愛子さまご成年 3種類のドレスご着用、「ティアラ」で正装も

  2. 【底辺キャバ嬢の盛り場より愛を込めて】困窮女性の大量参入で「ヤバいパパ」が急増 シャワー浴びてる間に財布からお金を盗み逃走

  3. 市から突然1300万円請求…なぜ? 年金生活の80代女性に 専門家「今後数年で同様の高額請求を受ける人は増える」

  4. 日大・田中理事長は「相撲界の常識」踏襲 知らぬ存ぜぬでスキャンダル乗り切った過去

  5. 保健室女性教師「ソープ勤務」だけじゃない ハレンチ教員懲戒事件簿