宇津井健さん、亡くなった日に再婚していた 「女性セブン」報じる(2/3ページ) - イザ!

メインコンテンツ

宇津井健さん、亡くなった日に再婚していた 「女性セブン」報じる

 40年ほど前からの知り合いで、9年前に食事会で再会して以降、客としてクラブに通うように。その間の2006年4月、前妻の友里恵さん(享年74)が肝臓がんで死去。フジテレビ勤務の長男夫婦と都内の2世帯住宅に住んでいたが、妻の死後は名古屋に足を運ぶ機会が増え、挙式はしていないが2012年にハワイ旅行をするなどパートナーのような存在となっていった。

 宇津井さんは約1年ほど前から肺気腫が悪化。名古屋市内の主治医の元に、女性宅から通うようになった。そして死期を悟ったのか、亡くなる2週間ほど前に宇津井さんからプロポーズし、宇津井さんの長男ら親族も再婚に納得していた。

 宇津井さんは14日午後6時5分に息を引き取るが、女性の知人が代理として婚姻届を提出したのはそのわずか数時間前だったという。前妻亡き後の自身を支えてくれた女性へのケジメだったのだろうか、再婚を果たした事実を知り、安心したように静かに息を引き取ったとみられる。

  1. 【池袋暴走事故公判詳報】(2)遺族の質問に飯塚被告「心苦しいが、過失はないものと思います」
  2. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(3)自転車の母子「乳母車に見えた」「悲惨な事故、重く受け止める」
  3. 【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(4)完「ペダル踏み間違えた記憶、一切ない」強い調子で否定
  4. 【池袋暴走事故公判詳報】(1)「妻と娘の名前言えますか」 遺族の被告人質問始まる