再び、拉致を追う 第10部 明日への提言(上)1

「宇出津」36年前の悔恨 「一網打尽できてたら、展開は変わっていたかも」

 その事件は警察関係者にとって今も悔恨事だ。漆間巌(うるま・いわお)・元警察庁長官は振り返る。

 「あのとき一網打尽にできていたら、日本人拉致事件のその後の展開は変わっていたかもしれない」

 「宇出津(うしつ)事件」。昭和52(1977)年9月19日、石川県の宇出津海岸から、東京・三鷹市役所の警備員だった久米裕(ゆたか)さん=拉致当時(52)=がもうけ話にだまされ、北朝鮮に連れ去られた。

 宇出津周辺は数日前から特別警戒態勢下にあった。「KB情報」と呼ばれる電波が傍受されていたためだ。KBはコリアン・ボートを意味する。その電波は鉄琴をこすったようなジャックノイズという特殊音を発する。だが、警察は上陸地点を絞れていなかった。現場には人目につかない入り江が無数にあった。

 捜査を急転させたのは、宿泊客の久米さんと在日朝鮮人の男の挙動を不審に思った旅館の女将の通報だった。だが、捜査員が駆けつける前に久米さんは連れ去られていた。警察は1人で旅館に残っていた在日朝鮮人の男を外国人登録法違反容疑で逮捕。男は戸籍入手の目的で久米さんを北朝鮮工作員に引き渡したと自供した。

 拉致に関与した人物が自供した初めての事件となった。

  1. 飾磨工高柔道部で体罰、「ヤンキー先生」三輪教諭ら自宅待機

  2. 石川佳純、モデルのような写真に「美しすぎる」と海外からも反応

  3. NHK朝ドラ「舞いあがれ!」2月8日OA第89話あらすじ カレーを食べて浩太(高橋克典)との思い出を振り返る悠人(横山裕)

  4. 【列島エイリアンズ】中国系裏風俗編(2) 福建省出身、人気女優似の美女が出てきた ベニヤ板越しに聞こえる男女の息遣い

  5. 清瀬汐希が初主演映画で体当たりヌード ベッドシーン撮影になんと4時間