【宮塚利雄の直球&曲球】金正恩が経済学名誉博士だって?(2/2ページ) - イザ!

メインコンテンツ

宮塚利雄の直球&曲球

金正恩が経済学名誉博士だって?

 何か褒めたたえる記事を書かねば、と悩んでいた小欄にとって、この記事は天恵ではないか? これで金正恩から少しは評価してもらえるのではと思ったが、「名誉博士」の実態を知って一気に興ざめした。

 名誉博士とは、「各大学が規則により定める学位に類する学術称号。大学間の交流により研究者に贈られることも珍しくないが、多くは国家元首や皇族・王族、政治家、外交官をはじめ著名な文化人など学界以外の人物に贈られることが多い」とある。

 確かに金正恩は「著名な人物」には間違いない。だが、小欄から忠告させていただくならば、「経済学名誉博士号なんて、人民に腹いっぱい食べさせることもできない私ごとき者には似つかわしくありません」と、返納するくらいの度量が欲しかった。あるいは「経済が完全に破綻しているわが国への当てこすりか皮肉ですかな」などと薄笑いを浮かべながら、ドンと突き返して見せれば少しは株が上がったかも。

                   ◇

【プロフィル】宮塚利雄

 みやつか・としお 山梨学院大学経営情報学部教授。1947年、秋田県出身。高崎経済大卒。韓国・檀国大学校大学院経済学科博士課程単位取得満期退学。専門は朝鮮近代経済史。主な著書に「北朝鮮驚愕(きょうがく)の教科書」(宮塚寿美子との共著)など。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言
  2. 最新、衆院選「議席予測」 自公273「絶対安定多数」確保へ 立民128、共産17と共闘路線で一定の伸び “短期決戦”自力が勝敗の分かれ目に