衝撃事件の核心

16歳少女がリアルに見た「同級生の遺体」 バーチャルな罵倒の末に…

 この少女は当初、1人で元同級生の女子生徒を殺害し、遺体を遺棄したと話していたが、遺棄現場までの交通手段が明らかにならないなど、動機とともに不可解な点が多く、呉署捜査本部は当初から少女以外に、共犯者がいた可能性が高いとみていた。

 捜査本部が注目したのは、少女が友人らとやりとりするツールとして使っていたLINEの記録。LINE仲間やメッセージ内容を片っ端から調べた結果、少女の供述の嘘はあっけなく露見した。

 自首前日の7月11日、少女はLINEで「言い合いになり、首の骨を折って投げて捨てた」と暴行内容や動機を知人向けに明かした。「タクシーで行った」「1人でやった」など捜査と矛盾する内容もあるが、「首を絞めた」など、その後の供述と一致する部分も多い。

 さらに知人らによると、少女は知人に「LINEで言い合いになり、灰ケ峰に行って殴って蹴って、根性焼きをしたらあまり動かなくなった」と犯行の詳細を明かした。動機について問われると「よう覚えてないけど人間じゃないとか死ねとか」「『殺してやる』と言ったら『殺しに来い』といわれたので殺した」と、まるで日頃の雑談のような様子で説明していた。

共犯はLINE仲間、犯行時にも

 交友関係を調べる捜査本部は、少女とともに遺棄現場に向かった男女6人の存在を突き止める。7月17日朝、このうち3人が捜査本部に出頭し、同日深夜に6人全員を死体遺棄容疑で逮捕した。

  1. ウイグル人元収容女性、性的暴行や虐待の実態を証言

  2. “異常判断”連発の韓国司法 いわゆる「元徴用工訴訟」で国際ルール無視…文大統領が恐れる日本の報復 松木氏「甘えた判断は世界に恥をさらす」

  3. 【年のはじめに】中国共産党をもう助けるな 論説委員長・乾正人

  4. 「オミクロン株」習主席の野望粉砕か アフリカで変異発生…「ワクチン外交」が裏目に 「外交的ボイコット」に拍車、北京五輪に暗雲

  5. 朝ドラあすの「カムカムエヴリバディ」12月8日第28話あらすじ 初めて生の英会話を交わした安子だったが…