14世紀に恐れられた「黒死病」 ペスト感染者、米国で相次ぐ

致死率の高い伝染病として恐れられてきた「ペスト」の米国内感染者報告が相次いでいる。特にコロラド州では今年、すでに2人が死亡(8月現在)。日本では近年なじみのない病気だが、世界におけるペストの“今”とは―。

《ペスト》
ペスト菌による感染症で、欧州では大流行が繰り返され、皮膚が黒くなって死亡するため「黒死病」として恐れられてきた。現代では抗生物質のおかげで治療できる病気になったが、地域での流行がみられる国があり、毎年2000人程度の患者が報告されている〔厚生労働省検疫所より

今年すでに2人死亡 米国でペスト感染相次ぐ

【コロラド州】6月にラリマー郡の16歳男性が、8月にはプエブロ郡の成人が死亡

米西部コロラド州プエブロ郡の保健当局は8月7日までに、成人1人がペストに感染し死亡したと発表。また、同州ラリマー郡では6月にも、16歳男性が死亡している。当局などによると、2人はネズミなどの動物についていたノミから感染した可能性があるという。

米、ペストで2人死亡 ノミから感染?国立公園で子供感染も

【カリフォルニア州】7月にヨセミテ国立公園を訪れた子供が感染し入院

カリフォルニア州の衛生局は8月6日、国立公園で子供1人がペストに感染して入院したと発表。子供は7月中旬にヨセミテ国立公園とスタニスロース国立森林公園を訪れていた。容体は快方に向かっているという。キャンプに参加した一行のうち、ペストを発症したのはこの子供1人だけだった。

米で相次ぎペスト感染、コロラド州では死者〔2015年8月7日 CNN〕

プエブロ郡での感染例は2004年以来

8月に成人が死亡したコロラド州のプエブロ郡では、ペスト感染者の発生が2004年以来となった。

米で相次ぎペスト感染、コロラド州では死者〔2015年8月7日 CNN〕

ちなみに、米国内全体の年間平均感染者は約8人という

米国内でのペスト感染者は平均すると年間8人程度。

飼い犬から肺ペストに感染、コロラド州で4人入院〔2015年5月4日 CNN〕

感染確認地域からペスト菌を検出

コロラド州プエブロ郡西部ではプレーリードッグの死骸から

8月に成人が死亡したコロラド州プエブロ郡ではこれまでに、西部で、プレーリードッグの死骸からペスト菌が見つかっている。

米で相次ぎペスト感染、コロラド州では死者〔2015年8月7日 CNN〕

ヨセミテ国立公園のキャンプ場で見つかった複数のリスの死骸から

子供1人が感染したとされるカリフォルニア州のヨセミテ国立公園の管理当局は8月14日、同公園の人気キャンプ場で見つかった複数のリスの死骸からペスト菌が検出され、キャンプ場の1つが一時閉鎖されたと発表。

米ヨセミテ国立公園のキャンプ場一時閉鎖、リスの死骸からペスト〔2015年8月16日 AFP〕

2014年、コロラド州では感染者数急増

2007~13年の間は1例のみだったが、14年は8例に

コロラド州では2014年、年間のペスト感染が8例に急増。それまでの7年間は1例しか確認されていなかった。

米で相次ぎペスト感染、コロラド州では死者〔2015年8月7日 CNN〕

しかも8例のうち、4例は犬を感染源とする、人から人への集団感染の可能性も

米疾病対策センター(CDC)は2015年4月にまとめた報告書で、コロラド州では14年、ピットブルテリア犬からペストの感染が広がり、4人が発症したとされる。報告書は「肺ペスト」による人から人への集団感染が起こっていた可能性にも言及している。

飼い犬から肺ペストに感染、コロラド州で4人入院〔2015年5月4日 CNN〕

飼い主の男性が肺炎で入院。血液検査でペストの原因菌が発見されたことから判明した

4人の感染が発覚したのは、肺炎で入院した中年男性の血液検査でペストの原因となるエルシニア属菌が見つかったことが発端だった。男性が飼っていたピットブルテリア犬は喀血や発熱などの症状を発症して安楽死させられていた。

飼い犬から肺ペストに感染、コロラド州で4人入院〔2015年5月4日 CNN〕

人から人への感染とすれば米では90年ぶり。犬から人への感染は過去に世界で1例のみだった

2014年の集団感染は、人から人に感染した疑いがあるという点で特異だった。人から人への肺ペスト感染は極めてまれで、米国内で発生したのは1924年以来。また、犬から人への感染はさらに予想外で、地元の衛生当局が他の事例について文献を当たったところ、2009年に中国で報告された1例のみだったという。

飼い犬から肺ペストに感染、コロラド州で4人入院〔2015年5月4日 CNN〕

ペストといえば「昔、大流行した伝染病」

最初の世界的大流行は541年、エジプトから

記録によると、ペストの最初の世界的大流行は541年にエジプトで始まった。この流行が、北アフリカ、欧州、中央および南アジアで人口の50~60%の損失を起こしたと推測されている。

ペストについて〔横浜市衛生研究所〕

2回目は1346年から。「黒死病」と恐れられ、欧州で5000万人死亡

1346年には2回目の大流行が始まったとされる。この流行は、130年以上にわたって続いた。皮膚が黒くなって死亡するため、「黒死病(the black death」)として恐れられ、WHO(世界保健機関)によると、欧州では5000万人が死亡した。

ペストについて〔横浜市衛生研究所〕

3回目は1855年から。インドと中国だけで1200万人が死亡

3回目の大流行は1855年、中国で始まった。インドと中国だけで1200万人が死亡。中世においては、欧州で流行が起こると何百万人という数の人が死亡したという。当時は、人々の住まいや働く場所にノミがたかったネズミが住んでいたとされる。

ペストについて〔横浜市衛生研究所〕

しかし、世界では「昔」の話ではない

日本では1926年以降報告がないが…

日本では1926年以降、ペスト患者の報告ない。

ペスト plague〔2015年5月25日 東京都感染症情報センター〕

地域での流行がみられる国もある

アフリカ、旧ソ連、米大陸、アジアの多くの国々で流行。ペストの分布は、感染を起こすげっ歯類の分布地域と一致しており、豪州を除く、熱帯、亜熱帯、暖温帯気候の幅広い分布域内にあるすべての国でみられる。

ペストについて 2014年11月 WHO〔厚生労働省検疫所〕

2013年は世界中で死者126人を含む783人の患者が報告された

WHOの報告では、2013年には、世界中で783人の患者が報告され、126人が死亡した。

Plague fact sheet No.267 〔2014年11月更新 WHO(英語)〕

現在、マダガスカル、コンゴ民主共和国、ペルーで最も流行

ペストの流行はこれまで、アフリカ、アジア、南米で発生してきたが、1990年以降、人での症例はほとんどアフリカで発生している。2014年11月現在、最も流行している国は、マダガスカル、コンゴ民主共和国、ペルーの3か国。

WHO. Plague. Fact sheet N°267. Updated November 2014 〔WHO(英語)〕

そもそも「ペスト」とは? 対処・予防法

【ペストとは】ペスト菌による感染症。菌は、げっ歯類によって運ばれる

ペストは、ペスト菌(Yersinia Pestis)による感染症であり、菌は通常、げっ歯類やそのノミが保有する。ペスト菌は人畜共通の感染細菌である。

ペストについて 2014年11月 WHO〔厚生労働省検疫所〕

【感染経路】菌を持つノミに咬まれるなどして感染。飛沫でも

感染したノミに咬まれることによって感染する。また、感染した人や動物の排泄物から傷口や粘膜を介して感染することや、患者の咳による飛沫によって感染することもある。

ペストについて 2014年11月 WHO〔厚生労働省検疫所〕

【症状】潜伏期間を経てインフルエンザに似た症状が出現

人がペストに感染すると、通常3~7日の潜伏期間を経て「インフルエンザ様」症状が出現する。

ペストについて 2014年11月 WHO〔厚生労働省検疫所〕

⇒リンパ節に感染すると腫れと痛みが出現。最も多い症状

最も多いのが、ノミに咬まれた場所に関係したリンパ節に感染が起こり、腫れと痛みをきたす症状。その後、高熱や皮膚に出血をともなう発疹がみられ、治療しないと高率で死亡する。

感染症についての情報「ペスト」〔厚生労働省検疫所〕

⇒血液中に菌がばらまかれると、ショックすることも

血液中にペスト菌がばらまかれ、ショックをきたし、死亡することも10%程度の割合で起こる。

感染症についての情報「ペスト」〔厚生労働省検疫所〕

⇒肺へ感染すると肺炎の症状。この「肺ペスト」は人への感染力が強い

肺への感染が起こると、発熱、咳、痰など肺炎の症状が出現する。人への感染力が強く、放置すると100%死亡する。

感染症についての情報「ペスト」〔厚生労働省検疫所〕

【治療】抗生物質を投与することで治療できる

できるだけ早く抗生物質を投与することで治療できる。また、ペストの患者に接触した人には予防のために抗生物質を投与する。

感染症についての情報「ペスト」〔厚生労働省検疫所〕

【予防】現在、ワクチンはない。下記のようなことで予防できる

  • 感染が起こる地域では、ネズミが生息している場所に立ち入らない
  • 肺ペストが流行している地域には立ち入らない
  • 流行時は、激しい咳をしている人には近寄らない
  • 接触してしまった場合には直ちに医療機関を受診し、予防のための抗生物質服用について相談する

感染症についての情報「ペスト」〔厚生労働省検疫所〕

【ペストについて詳しく知るリンク集】

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ