日本を二分?「2人以上出産」校長の発言にうず巻く批判と擁護

全校集会での発言について、大阪市立茨田北中で取材に応じる寺井寿男校長=15日午前、大阪市鶴見区

女性は子供を2人以上産むことが「最も大切」との中学校長の発言の波紋が止まらない。少子高齢化対策の重要性は論を待たないが、言う人や言い方によっては当然集中砲火を浴びる。批判と擁護がうずまく今回の発言の論点とは?

《日本の出生率》
厚労省の2014年の人口動態統計によると、1人の女性が出産する子供の平均数(合計特殊出生率)は1.42で、9年ぶりの低下だった。人口減少社会の本格的な到来に対応し、政府は結婚や出産を望む若い世代の希望をかなえることで、2025年までに「希望出生率1.8」の実現を目指している。〔時事通信

波紋を広げる中学校長の「女性は2人以上出産」発言

全校集会で「仕事でキャリアを積む以上に価値がある」

大阪市立茨田北中学校の寺井寿男校長(61)が2月29日の全校集会で「女性にとって最も大切なことは子供を2人以上産むこと。仕事でキャリアを積む以上に価値がある」と発言したことがわかった。発言は大阪市教育委員会にかかってきた匿名の電話で発覚した。

「女性は子供2人以上産むこと大切」全校集会で中学校長 大阪市教委が処分検討

処分を検討中の市教育委「校長の立場で個人的な意見を表明することは問題」

市教委は寺井校長の処分を検討しているが、その理由について「校長の立場にありながら、個人的な意見を表明することは、問題があると考える。様々な生き方がある中で、女性に特定の価値観を押し付けていることにもなる」とする。

「大炎上」校長発言に「どこが悪いの?」と擁護論も 「キャリアより出産」めぐり賛否〔2016年3月14日 J-CAST〕

《「誤解を招かないように」と学校HPに一時掲載された発言要旨全文》

 今から日本の将来にとって、とても大事な話をします。特に女子の人は、まず顔を上げてよく聴いてください。女性にとって最も大切なことは、子供を二人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります。
 なぜなら、子供が生まれなくなると、日本の国がなくなってしまうからです。しかも、女性しか子供を産むことができません。男性には不可能なことです。
 「女性が子供を2人以上産み、育て上げると、無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学し、卒業できる権利を与えたらよい」と言った人がいますが、私も賛成です。子育てのあと大学で学び、医師や弁護士、学校の先生、看護師などの専門職に就けばよいのです。子育ては、それほど価値のあることなのです。
 もし、体の具合で、子供に恵まれない人、結婚しない人も、親に恵まれない子供を里親になって育てることはできます。
 次に男子の人も特によく聴いてください。子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません。
 人として育ててもらった以上、何らかの形で子育てをすることが、親に対する恩返しです。
 子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです。少子化を防ぐことは、日本の未来を左右します。
 やっぱり結論は、「今しっかり勉強しなさい」ということになります。以上です。

「2人出産が仕事より価値」発言全文、学校HPに一時掲載 校長「誤解招かないよう掲載」

卒業式式辞でも「少子化の解決方法は、これ以上子供の数を減らさないこと」

寺井校長は3月11日に行われた同校卒業式の式辞でも、少子化や介護、年金などの問題に触れ、「保育所もまだ足りない」としながらも「解決の方法は、これ以上、こどもの数を減らさないこと」と述べている。(※式辞要旨全文は学校HPに掲載されたが現在は削除されている)

大阪市立茨田北中学校 校長 講話 式辞〔2016年3月12日 ブログ「なくしたくないもの。」〕

大阪市立茨田北中学校の寺井寿男校長。寺井氏は2015年3月に定年退職したが、同年4月から再任用されていた

大阪市立茨田北中学校の寺井寿男校長。寺井氏は2015年3月に定年退職したが、同年4月から再任用されていた

発言は女性への価値観の押し付けでは?

校長は「出産が義務と言ったのではない」と主張するが…

寺井氏は産経新聞の取材に「出産が義務と言ったのではない」「子育てが煩わしいもの、損なもの、という考えもある現状を変えたい」と発言の趣旨を説明している。

校長2人出産発言 校長「義務と言ったのではない」〔3月15日 イザ!〕

「性差別」「キャリアを犠牲にするのが常に女性というのはおかしい」と批判殺到

茨田北中学校の生徒は「個人的には男女差別だと」感じたといい、ネットには「キャリアを犠牲にするのが常に女性であると想定されている点で女性差別との批判は免れないのでは」との意見も。

「女性は2人以上生むこと」大阪の中学校長発言で波紋〔2016年3月15日 TBS Newsi〕

「日本存続のために子供を産めと?」「女性それぞれに事情がある」

一児の母親という人は「子供は私自身できにくかったりした…その人なりの事情があると思う」と話した。ネットでは、「日本存続のために子供を産めというの?」と怒りの声も。

「女性は2人以上生むこと」大阪の中学校長発言で波紋〔2016年3月15日 TBS Newsi〕

「校長の発言に賛同する人は旧時代的」

「全文要旨を読んだら(校長は)そんなに悪いこと言ってない思う人もいるというのが日本ね。なにが性差別か理解が足りない人がいる」、「昔と違って時代は進み女性差別は問題になるということが理解できてない校長」と、校長の価値観は現代には合っていないと指摘する声も。

「人生をどう生きるかは個人個人で考えること」(赤尾勝己教授)

関西大の赤尾勝己教授(教育学)は「人生をどう生きるかは個人個人で考えることで、他人が指図するべきことではない。社会には結婚をしたくてもできない人もいるし、夫婦になっても子どもを産まないという選択肢もある」と話す。

「子を産めない人は寄付を」 「2人以上」発言の校長〔2016年3月12日 朝日新聞〕

教育者・公人の発言として適切だったか?

「校長という立場でする発言ではない」(馳浩文科相)

加藤勝信1億総活躍担当相は「中学生がどう受け止めるか配慮が必要」「校長らの話は、子供たちの人生に影響する」と指摘。自身も高校教師の経験がある馳浩文科相は「校長という立場にある者が軽々にそういう発言をするべきではない」と話した。「とくダネ!」の小倉智昭キャスターも同様の見解。

大阪市立中校長の出産発言、加藤1億総活躍相「中学生への配慮必要」

「公務員として言い切っているところに問題がある」(坂田仰教授)

日本女子大学教職教育開発センターの坂田仰教授は、日本テレビ系「スッキリ!!」に「(出産の義務化を)公務員として言い切っているところに問題性を感じる」とのコメントを寄せた。

加藤浩次が中学校校長の「出産義務化」発言を容認〔2016年3月15日 livedoor News〕

「内容があまりに偏っている」(西崎照明大阪市議)

大阪市議会の教育こども委員会では3月14日、寺井校長の発言が取り上げられ、西崎照明委員(公明)は「内容があまりに偏っている」と批判。

校長2人出産発言 校長「義務と言ったのではない」 吉村市長「優劣つけるものでない」

保育園を視察する加藤1億総活躍相=3月12日、大阪府枚方市

保育園を視察する加藤1億総活躍相=3月12日、大阪府枚方市

出産かキャリアか…優劣を断定できるのか?

「比較するのは不適切だ」(吉村洋文大阪市長)

吉村洋文大阪市長は「発言全体としては、女子だけでなく男子にも子育ての大切さを伝えたかったのだと思う」とした上で、「(出産とキャリアを)比較するのは不適切だ」と批判した。

大阪市長「出産とキャリアとの比較は不適切」 「2人以上…」発言の校長

「子育て中はキャリアアップするなと言ってるようなもの」

ネットには、子育てを終えて30歳ぐらいで大学に行って頑張ったとして「勤続25年の人間は校長なれますか?」、「女は子育て中はキャリアアップするなと言ってるようなもんだぞ」と、「子育てのあと大学で学んでもよい」とする校長への反論も。宮根誠司氏も「キャリアの積み方は人それぞれ」とコメントした。

宮根誠司氏が寺井寿男校長の発言を非難「上から言われている気がする」〔2016年3月15日 livedoor〕

「大学内に学生向けの保育所・託児所できる日はこないもんかなあ」

ネット上には、校長の発言を読み、「大学内に学生向けの保育所・託児所できて、教室で授業中に女子学生が『先生、赤ちゃんにミルクあげる時間だからちょっと席外します』って言ってくる日こないもんかなあ?」とコメントする人も。

@floressas1405〔2016年3月17日 Twitter〕

出産育児の「現実」をふまえた発言だったか?

「女性も働かないと生活が成り立たない」「バブル期の人に言って」

就職活動中の大学生は「2人以上って、お金もかかる。今の日本だとちょっと大変じゃないかな」とコメント。ネットには「二人以上生み育てる経済力を下さいな。女が働いて世帯収入がやっと人並みなんですよ」といった声や「(産める時期にも関わらず自分の人生を謳歌した)バブル期の方々に言って頂きたい」との声も。 

「女性は2人以上生むこと」大阪の中学校長発言で波紋〔2016年3月15日 TBS Newsi〕

「校長の発想なら、待機児童問題は発生しない」(青木理氏)

ジャーナリストの青木理氏は「モーニングショー」に出演し「この発想なら、待機児童問題は発生しない。でも、自民党議員にもこういう発想は多い」とコメント。

「女性はキャリア積むより子供2人以上産め」中学校長の朝礼に批判殺到〔2016年3月15日 J-CAST〕

「若いうちに自分で子育てして、その後稼いで納税しろ、と?」

ネットでは、寺井氏を指し「こういう輩は産んだ後の責任をすべて母親になすりつける。保育所落ちても自己責任とか言いだしかねない輩」という批判や、「体が若いうちに子供を産んで、保育所とかじゃなく自分で子育てして、その後がっつり稼いで納税しろって内容に取れる」といった声が聞かれた。

少子高齢時代で産み育てる価値を説く意味では?

校長は「2人産まないと年金が8分の1に」と警告

校長はTBSの取材に対し「2人産まないとあなたの年金が8分の1になるんですよ」と述べ、一連の発言の真意ついては、「子どもの将来のためです」と語った。

「女性は2人以上生むこと」大阪の中学校長発言で波紋〔3月16日 TBS Newsi〕

「子供を作れるのは女性の特権。少子高齢化だからこその発言」

ネットには「もちろん仕事の成功も大事だけど、子供を作れるのは女性の特権。更に少子高齢化だからこそ発言したんだろ」、「むしろこれからはこういう教育をしていくべきだと思う」との意見も。

@hentaisenkyoshi〔2016年3月12日 Twitter〕

「産み育てることの価値伝えること自体は間違っていない」(八木秀次教授)

麗澤大の八木秀次教授(憲法学)は「表現は注意すべきだ」としつつ、「子供を産み育てることの価値は今の教育で欠けている部分であり、それを伝えること自体は全く間違っていない。言葉狩りのような状況になると建設的な議論ができなくなる」と指摘する。

校長2人出産発言 校長「義務と言ったのではない」 吉村市長「優劣つけるものでない」

「社会への恩返しが必要という点は理解できる」(北野妙子大阪市議)

大阪市議会の北野妙子委員(自民)は「教育者として(発言に)配慮が足りなかった部分がある」としつつも、「社会への恩返しが必要という点は理解でき、発言が間違っているとまでは言えない」と話した。

校長2人出産発言 校長「義務と言ったのではない」 吉村市長「優劣つけるものでない」

「あえてこのような議論喚起をしたかったのでは」(中田宏前衆院議員)

中田宏前衆院議員は少子社会の問題の重要性などに触れ、「この校長はあえてこのような議論をすることが大事だと考えて意図してやったことではないでしょうか」と指摘。

大阪市校長「2人出産」発言。ただ炎上させるよりやるべきコト〔3月15日 BLOGOS〕

「良いことも言ってる。でも…言い方を変えたほうが良い」

ネットでは、「全文を読んだら、決して女性差別ではない事が分かるはず」、、「良いことも言ってる。でも…言い方を変えたほうが良い」「態度は好きになれへんけど…私はちょっと感動すらしたよ」と、本質的には寺井氏の発言を理解できるという人もいた。

マスコミが騒ぎすぎ?

「教師が何を言おうと、考えるのは子供たち個人個人」

フリーアナウンサーの長谷川豊氏は、「先生方が何を言っても考えるのは生徒たち個人個人。先生方の意見は参考意見でしかない」とし、寺井氏の発言を問題視すること自体に疑問を呈している。

朝日の恣意的な悪意に満ちた報道姿勢には呆れかえってしまう

「子供がいろんな意見を聞くことは、悪くはない」

タレントの加藤浩次氏は「スッキリ!!」の放送で、寺井氏は「一方的な意見を言いすぎだっていうのはある」としつつも、子供は「そういうのを聞いて『この人言ってることおかしいよ』って思いながら自分の価値観を作っていく」「いろんな意見を聞くことは、悪くはない」と話した。

加藤浩次が中学校校長の「出産義務化」発言を容認〔2016年3月15日 livedoor〕

「そもそも表現の自由がある」

「私が不満なのは、ふだん表現の自由を絶対視し政府にかみつくマスコミがこういうときは表現の自由を尊重するどころか逆の態度をとること」、「マスコミが騒ぎすぎ」といった声もネットでは聞かれた。

波紋を広げる中、寺井校長の行動も話題に

休日、校門に私物の旭日旗を掲げ、市教委が撤去

寺井校長が、1月末の休日、校門に私物の旭日旗を掲げていたことが3月18日に判明した。平日は校長室に飾っていたが、市教委の指示で2月に撤去したという。市教委は「旭日旗で戦争を想起する人もいる。校長の立場で掲げるのはふさわしくない」として、持ち込んだ理由などを聴取する方針。

校長2人出産発言 校門に「旭日旗」掲げていた…実は私物、平日は校長室に飾る

卒業式式辞では「日本だけが唯一、約束を守る」

同校長は3月11日の卒業式式辞で「大陸では殺すこと、盗むこと、うそをつくこと、裏切ること、あらゆる悪徳が生存のために必要だった。正直な人は生存競争に負け滅びてしまった」「日本だけが唯一、約束を守る」などとも述べている。

<「2人以上出産」校長>休日校門に旭日旗 大阪市調査へ〔2016年3月18日 Yahooニュース / 毎日新聞〕

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ