※画像と本文は関係ありません(Thinkstockより)

泣き寝入りしません!大人を動かした「痴漢抑止バッジ」に賛否

痴漢の被害に悩んでいた女子高生が「痴漢抑止バッジ」を発案、ネットを使ってデザインの公募をはじめた。バッジをめぐっては否定的な意見に反論する声や、「新しい試みに疑問や不安はつきもの」など前向きな意見も多く、議論は活発化しそうだ。

《痴漢被害者の10人に9人が「通報や相談なし」》
警察庁がまとめた「電車内の痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書(pdf)」(2011年)によれば、「痴漢被害に遭っても警察に通報・相談していない」と答えた人は304人中、271人(89.1%)。10人に9人が通報や相談を行なっていない計算になる。

痴漢被害に遭い続けた女子高生が「Stop痴漢バッジ」を考案

「未然に防ぎたい」通学電車内で痴漢被害を受けた高校2年生、母親と一緒にバッジを製作

「痴漢されてから声をあげるのではなく、痴漢行為を未然に防ぎたい」。そんな思いから、通学電車内で痴漢被害を受けていた高校2年生の女子が、母親と一緒に「痴漢は犯罪です 私は泣き寝入りしません!」と書いたバッジを製作。つけるようになってから、毎日のように受けていた痴漢被害がなくなった。

女子高生考案の痴漢抑止グッズ「Stop痴漢バッジ」が商品化へ デザインと支援金を募集〔2015年11月3日 ねとらぼ〕

「周囲が引いてしまうのでは」心配する母に、娘「これがいい」

通学時間を変えたり警察へ相談したりするなど手は尽くしたが、一番良い案に思えたのがこのバッジとカード。デザインはフリー素材を使い、家にある材料で制作。今年4月のことだ。「このデザインで大丈夫?周囲が引いてしまうのでは」と心配する母に、娘は「これがいい」と言ったという。

痴漢被害に遭い続けた女子高生が考案した「痴漢抑止バッジ」が大人を動かした〔2015年11月2日 Yahoo!個人〕

「泣き寝入りしないという決意表明、素晴らしい案」社会に普及させるためのプロジェクトが発足、商品化も

母がSNSに書いた顛末をフリーライターの松永弥生氏が目にしたことがきっかけでプロジェクト化。「このカードは誰のことも責めていない。泣き寝入りしないという決意表明だけで自分の身を守ろうという、素晴らしい案だと思った」と同時に「若い女の子がこれをつけて電車に乗るのは痛々しい、いたたまれない」とも。

痴漢被害に遭い続けた女子高生が考案した「痴漢抑止バッジ」が大人を動かした〔2015年11月2日 Yahoo!個人〕

デザインと支援金を募集。短期間で多くの人に周知することも狙う

痴漢被害にあっている女性達に受け入れられる缶バッジのデザインを「クラウドワークス」で11月11日から公募するほか、製作資金は「FAAVO東京23区」でクラウドファンディングする。インターネットのクラウドサービスを活用することで、多くの方々が痴漢被害に対し目を向ける機会となる効果も期待しているという。

「痴漢抑止バッジ」デザイン公募へ 女子高生が考案、被害ゼロに〔2015年11月3日 The Huffington Post〕

痴漢被害に遭い続けた女子高生がその母親と考案した「痴漢抑止カード」。フリー素材を使って自宅のパソコンで製作した。女子高生は「このカードを、後ろに立った人に見えるようにショルダーバッグにつけたところ、痴漢被害がピタッと止まりました!」と話す(提供写真)

痴漢被害に遭い続けた女子高生がその母親と考案した「痴漢抑止カード」。フリー素材を使って自宅のパソコンで製作した。女子高生は「このカードを、後ろに立った人に見えるようにショルダーバッグにつけたところ、痴漢被害がピタッと止まりました!」と話す(提供写真)

松永弥生氏の勧めで、「痴漢抑止バッジ」を製作した。「カードよりバッジの方がいいね!」など好評という(提供写真)

松永弥生氏の勧めで、「痴漢抑止バッジ」を製作した。「カードよりバッジの方がいいね!」など好評という(提供写真)

身につけるだけで「痴漢にあったときに声を上げる必要はなく、誰も傷つけずに痴漢被害を防ぐことができる」と説明している(提供写真)

身につけるだけで「痴漢にあったときに声を上げる必要はなく、誰も傷つけずに痴漢被害を防ぐことができる」と説明している(提供写真)

賛同の声、ネットの反応も様々

「勇気と賢さに敬意を称してシェアします」

「この取り組みは広げて行ってほしい」

「常習者は泣き寝入りしそうな人を選んでいる。全面応援」

「付ける勇気がない、と感じる女性も一定数いそうだな」

「男性専用車両も作ってあげればいいのに」

否定的なコメントに対して“憤り”の声も

「被害者を抑圧する一助になっている」

「批判する奴は自分が気に食わないと何でも批判するだろうな」

「何が迷惑なんだかよくわからないな」

「痴漢抑止バッジ」どう思う?

痴漢の被害に悩んでいた女子高生が「痴漢抑止バッジ」を発案、ネットを使ってデザインの公募をはじめました。バッジをめぐっては否定的な意見に反論する声や、「新しい試みに疑問や不安はつきもの」など前向きな意見も多く、議論は活発化しそうです。さてあなたは、女子高生が考案した「痴漢抑止バッジ」についてどう思いますか?

「痴漢抑止バッジ」どう思う?

過去には痴漢抑止「シール」で論争もあった

埼玉県警、痴漢証拠の目印をつける「痴漢抑止シール」を開発

埼玉県警は痴漢に証拠の目印を簡単につけて立件しやすくする“新兵器”を開発。インターネットでは効果に期待する人と冤罪助長を懸念する人で賛否両論で、痴漢も冤罪もなくす方法の議論が続いている中、なかなか決定打にたどりつけないのが現状だ。

賛否両論「痴漢抑止シール」…撲滅に効果あるのか

期待の一方、冤罪発生への懸念も「痴漢を捏造するやつが出る」

否定的な意見では、「これをつけるのは勇気がいるな。自意識過剰と思われそうだし」と、女性のデリカシーを気遣う意見のほか、「シールを張っていない女性は触っていいと思うやつが現れるんじゃないか」という暴論も。最も多かったのは、冤罪発生への懸念だ。「不愉快に感じたオヤジにつけて痴漢を捏造するやつが出るに違いない」「冤罪を作り放題だな」「気の弱い人がお金を脅し取られそう」などと不安は膨らむばかり。

賛否両論「痴漢抑止シール」…撲滅に効果あるのか

「(痴漢抑止バッジは)痴漢被害者を減らすだけでなく、加害者も減る効果がある」(Stop痴漢バッジプロジェクト代表)

Stop痴漢バッジプロジェクト代表の松永弥生氏は、痴漢抑止シールとの違いについても、「痴漢抑止バッジは、自分の意思と決意を表示するツール」という特徴があるため、「誰とも争わない」とし、「痴漢被害者を減らすだけでなく、痴漢を未然に防ぐことで加害者も減る」といった効果があると話している。

《痴漢冤罪》

痴漢をしていない男性が、痴漢の疑いで検挙される冤罪の1つ。混雑した電車やバスの中で起きた痴漢は物的証拠が残りにくく、誰の行為か特定することが困難なため、無関係な男性が誤認され、摘発されるケースが多い。また、女性が多額の示談金の要求や私怨(しえん)の復讐(ふくしゅう)、学校や職場への遅刻の言い訳などの目的で、無実の男性に対して虚偽の痴漢被害を申し立てるケースもある。

賛否両論「痴漢抑止シール」…撲滅に効果あるのか

埼玉県警鉄道警察隊の「チカン抑止シール」。通常は左の状態で、表面をはがすと赤インクの×印が表れる

埼玉県警鉄道警察隊の「チカン抑止シール」。通常は左の状態で、表面をはがすと赤インクの×印が表れる

マークを身に着ける「怖さ」も

誕生10年「マタニティマーク」に“自粛”の動きも

妊娠中であることを示す「マタニティーマーク」を厚生労働省が定めて今年で10年。全国の自治体が妊婦にキーホルダーなどを配布しているが、「反感を持たれそう」などと使用を控える動きも広がりつつある。

マタニティマーク、「暴力の標的になる」と自粛する妊婦も〔2015年10月17日 朝日新聞〕

「暴言や暴力の標的になるとネットで見て、怖くなった」

ある妊婦は、母子手帳取得時に市からストラップを渡されたが使っていない。「暴言や暴力の標的になるとネットで見て、怖くなった」。使わず捨ててしまったと話す妊婦は、「電車で席を譲れと圧力をかけるようで気が引けた」という。

マタニティマーク、「暴力の標的になる」と自粛する妊婦も〔2015年10月17日 朝日新聞〕

「強い言葉が一人歩き」「マークの意義が正しく伝わっていない」

ギフト商品などを扱う藤田商店は、9年前から個人や自治体向けに20万個以上のマークの入ったマスコットを出荷してきたが、昨年から個人の申し込みが半減。反対に「なぜ妊婦を優遇するのか」といった声が寄せられるようになった。同社の担当者は「妊娠は病気じゃないのに特別扱いはおかしいとか、電車に乗るべきじゃないとか、ネットでは強い言葉が一人歩きし、妊婦さんを萎縮させている。マークの意義が正しく伝わっていない」。

マタニティマーク、「暴力の標的になる」と自粛する妊婦も〔2015年10月17日 朝日新聞〕

「新しい試みに疑問や不安はつきもの」「多くの人が意見を交わすことが大事」

ライターの小川たまか氏は、「『マタニティマークをつけていたら嫌がらせを受けた』など、バッジをつけることで心ない嫌がらせを受けるのではと感じる人もいるだろう」とするが、「新しい試みなのだから、そういった疑問や不安は当たり前」とし、「多くの人が意見を交わし、被害者を救うための案を磨いていくことが大事」と指摘している。

痴漢被害に遭い続けた女子高生が考案した「痴漢抑止バッジ」が大人を動かした〔2015年11月2日 Yahoo!個人〕

《マタニティマーク》

厚生労働省が平成18年に制定したマークで、ピンク色のハートの中に、赤ちゃんと女性が寄り添っている姿をデザインしている。妊婦が交通機関を利用する際に身に着け、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくする目的で定められた。特に、妊婦やおなかの赤ちゃんの健康維持に重要な時期だが外見からは分かりにくい妊娠初期の妊婦への配慮が期待されている。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ