中1殺害遺棄 45歳容疑者の素性は…異様な行動、過去にも事件

最悪の結末となってしまった中学生2人を襲った事件。逮捕された山田浩二容疑者には今回の犯行に結びつくような過去があった。「やっぱり…」「あいつならあり得ると思った」と周囲が語る、山田容疑者の素性とは-。

《中1男女殺害遺棄事件》
8月13日、大阪府高槻市の物流会社の駐車場で後ろ手に粘着テープで縛られ顔にテープを巻かれた状態の女性の遺体が見つかった。18日、遺体は寝屋川市立中学1年の平田奈津美(なつみ)さん(13)と判明。行動をともにしていたとみられる同級生の星野凌斗(りょうと)さん(12)も21日に遺体で発見された。大阪府警は21日、寝屋川市の山田浩二容疑者(45)を死体遺棄容疑で逮捕した。

容疑者特定の裏側

捜査線上に浮上したきっかけは、少女の遺体遺棄現場の防犯カメラ

山田浩二容疑者が捜査線上に浮上したきっかけは、高槻市の平田奈津美さんの遺体遺棄現場周辺の防犯カメラ。遺体発見直前に不審な動きをするグレーの軽ワゴン車が写っており、映像解析で走行ルートを割り出し、国道170号沿線の防犯カメラの映像を捜査。ナンバーなどから所有者が割れ、それが山田容疑者だった。

「行確すると林へ入っていった」捜査幹部が明かす 容疑者特定の裏側

逮捕の決め手も防犯カメラ、不審なグレーの軽ワゴンに乗り込む姿

逮捕の決め手となったのも防犯カメラ映像。8月13日午後0時39分、柏原市内のコンビニで粘着テープを2本購入する山田容疑者が写っていた。山田容疑者が乗り込んだのはグレーの軽ワゴン車。午後10時34分、高槻市の物流会社駐車場近くに設置された防犯カメラにもこの車がとらえられた。「これはいける」。捜査幹部はこう確信したという。

「行確すると林へ入っていった」捜査幹部が明かす 容疑者特定の裏側

軽ワゴンをひそかに追跡…竹林で少年の遺体を発見、身柄確保

21日午前1時15分ごろ、大阪市北区の駐車場で軽ワゴン車を発見。捜査員らがひそかに追跡すると車は柏原市の竹林へ。午後7時36分、捜査員が星野凌斗さんの遺体を発見した。山田容疑者は午後8時20分ごろ、大阪市営地下鉄の今福鶴見駅近くの交差点にいた。信号待ちで止まった車を捜査車両が挟み込み、身柄が確保された。

「行確すると林へ入っていった」捜査幹部が明かす 容疑者特定の裏側

「遺体は車の同乗者の男が遺棄した」容疑否認から黙秘へ

捜査関係者によると、山田容疑者は当初「確かに女の子を車に乗せて高槻市内の駐車場まで行った。しかし、このとき助手席には同乗者がおり、同乗者が女の子を殴るなどし、知らないうちに死んでいた」などと供述して容疑を否認したが、その後、黙秘に転じたという。

中1男女殺害 平田さん遺棄、手袋着用か 柏原現場近くで容疑者車?

星野凌斗さんの遺体が発見された現場。すぐそばをJR関西線の電車が通る=8月22日、大阪府柏原市(本社ヘリから)

星野凌斗さんの遺体が発見された現場。すぐそばをJR関西線の電車が通る=8月22日、大阪府柏原市(本社ヘリから)

13年前にも事件を起こしていた

中2男子を車で連れ回し監禁…粘着テープで縛って放置

山田容疑者は32歳だった平成14年にも、寝屋川市内で当時中学2年の男子生徒に声を掛け、車に連れ込む事件を起こしていた。「駅に行く道を教えてくれ」と話し掛けて車に乗せて連れ回し、現金や携帯電話を奪ったとして、強盗と逮捕監禁などの容疑で逮捕。男子生徒は駐車場で粘着テープで両手を縛られた状態で放置された。

高槻少女殺害 容疑者、13年前にも少年監禁

「男子中高生を狙った犯行を繰り返していた。今回の事件と共通する部分が多い」と捜査関係者

捜査関係者は、「少年に道案内を頼むふりをして車に乗せて連れ回すという手口。寝屋川市駅など、京阪沿線の駅周辺で男子中高生を狙った同様の犯行を繰り返していた。犯行場所のほか、粘着テープで被害者を縛ったり、顔面にライターをつけるなど、今回の事件と共通する部分が多い」と語る。

45歳“鬼畜男”の素性 思春期の少年に異様な執着 過去にも監禁事件 大阪・中1殺害

「若い男の子に興味があるんです、あの子」と20年来の知人女性

山田容疑者の20年来の知人女性は、「若い男の子に興味があるんです、あの子。今回もたぶんね。男の子、かわいいでしょ。今回の子も」、「男の子にあれしたつもりが、一緒に女の子がいて、極端に言って、女の子は邪魔者という、あれやったん違いますかね」と話した。

大阪・中1生遺体事件 容疑者の素顔が手紙から見えてきました〔2015年8月24日 FNN〕

自宅マンション周辺で容疑者に似た男、女性つきまといも

山田容疑者の自宅マンション周辺では、山田容疑者と似た男が女性につきまとうなどの不審な行動も目撃されていた。近くでエステサロンを営む女性は、山田容疑者と酷似した男に5回、つきまとわれたといい、「携帯電話を持った人がすぐ後ろにいて盗撮だと思い、近くにいた人に助けを求めた」と振り返る。

高槻少女殺害 容疑者、福島で除染作業 自宅周辺 似た男、女性つきまとい

送検のため大阪地検に入る山田浩二容疑者=8月23日、大阪市福島区(安元雄太撮影)

送検のため大阪地検に入る山田浩二容疑者=8月23日、大阪市福島区(安元雄太撮影)

少年時代から「危ないタイプ」

同級生ら、逮捕に「やっぱり…」との声

山田容疑者は中学を卒業後、高校には進学せず、アルバイトを転々としていた。少年時代から同級生と距離を置き、「一人でいることが多かった」という。小・中学校の同級生らからは、今回の逮捕に「やっぱり…」との声も聞かれた。

中1遺棄容疑者 少年時代「危ないタイプ」 万引を自慢、ハサミ振り回す

小学校時代、万引を自慢「危ないタイプという印象」

小学校の同級生によると、山田容疑者は近所の駄菓子屋で万引した商品を見せびらかしたり、自宅から親の金を盗んできたりしては、「みんなに食べ物おごってやる」と自慢げに語っていたという。同級生は「彼は金で人をつる。危ないタイプという印象だった」と振り返る。

中1遺棄容疑者 少年時代「危ないタイプ」 万引を自慢、ハサミ振り回す

中学校時代、急にハサミを振り回したことも

中学校で同級生だった男性は「一人でいることが多く、ひとりぼっちという印象。急にハサミを振り回すこともあった」という。「あいつならあり得ると思った」。中学校の同級生の一人はそう語った。

中1遺棄容疑者 少年時代「危ないタイプ」 万引を自慢、ハサミ振り回す

逮捕された山田浩二容疑者(関西テレビから)

逮捕された山田浩二容疑者(関西テレビから)

事件前後に不可解な行動

「地元最高!」FB頻繁更新、異様なテンション(8月11日)

山田容疑者は8月11日、フェイスブック(FB)に寝屋川市の京阪香里園駅の写真とともに《やっぱ、地元最高です!! 帰って来たなぁ~って感じ!!》と投稿。山田容疑者は除染作業員として福島県で働いており、事件直前に地元の寝屋川市に帰省したことを記していた。

中1男女殺害遺棄 「地元最高です!」異様なテンション 事件前後にFB頻繁更新

事件当日、刑務所で「知人と面会」…アリバイ工作か(13日午前)

山田容疑者は、平田さんと星野さんを連れ去ったとみられる8月13日午前、大阪刑務所を訪れていた。知人女性によると、LINEで「面会に行ってきました」と送信。その際、2人を車内に監禁していた可能性がある一方、アリバイ工作の一環で刑務所を訪れたとの見方も可能。

中1男女殺害遺棄 当日、刑務所で「知人と面会」 アリバイ工作の可能性も

「最後の大阪を満喫!」事件後もFBで近況報告(14日午前)

平田さんの遺体は8月13日午後11時ごろ、高槻市内の駐車場で発見された。その12時間後の14日午前11時すぎ、山田容疑者は通天閣などの写真を投稿し、何事もなかったように《早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫!!》と書き込んでいる。

中1男女殺害遺棄 「地元最高です!」異様なテンション 事件前後にFB頻繁更新

千葉のカレー屋立ち寄り「メッチャ美味しいです!」(15~16日)

勤務先の福島県に戻る途中の15日午後9時ごろには千葉市の幕張のカレー店に立ち寄り「今日はスタミナポークカレー!!」。友人から「そんなに上手いん」とコメントされ、16日に「メッチャ美味しいです!!」と返信していた。

山田容疑者、犯行後は歓楽街 バーに姿を見せる〔2015年8月24日 日刊スポーツ〕

山田浩二容疑者(フェイスブックから)

山田浩二容疑者(フェイスブックから)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ