※画像と本文は関係ありません(Thinkstockより)

PC「ゾンビウイルス」猛威 日本人の預金が狙われている

インターネットバンキングの利用者を狙った、駆除しても消えない“ゾンビ型”の新種ウイルスによるサイバー攻撃が国内で相次いでいる。利用者は暗証番号などを盗まれたことに気付かないまま現金を引き落とされる恐れがあるという。

《インターネットバンキング》
ネットを通じた金融機関のサービス。利用者は銀行窓口や現金自動預払機(ATM)に行かずに自宅のパソコンやスマートフォン(高機能携帯電話)で振り込みなどができる。通信環境の整備とともに普及し、日本の銀行利用者の6割以上が使っているとされる。

ネットバンキング被害、過去最悪の29億円超

預金が別口座に不正送金される

インターネットバンキング利用者のIDやパスワードが盗まれ、預金が別口座に不正送金される事件の被害額が、平成26年1年間は約29億1千万円。警察庁が統計を取り始めた平成23年以降、最悪だった25年の約14億600万円から倍増した。

ネット銀被害、29億円超 13年から倍増し過去最悪…新手ウイルスも

個人口座からも18億円の被害

口座別では、個人口座が約18億2200万円で平成25年の1・4倍だったのに対し、法人口座は11・1倍の約10億8800万円となった。

ネット銀被害、29億円超 13年から倍増し過去最悪…新手ウイルスも

固まるPC、瞬時に消える預金…

見知らぬ口座に196万円…ある40代女性の場合

昨年6月、ネットバンキングで「誕生日」と「銀行から送られてきた乱数表」の数字を入力するよう求める画面が現れた⇒「いつもと違う」と思ったが「きっとシステムが変わったんだ」と考えて入力⇒すると画面は「読み込み中です」と出たまま操作不能に⇒口座を確認すると、見知らぬ名義の口座に196万円が振り込まれていた。

固まるPC、瞬時に消える預金…不正アクセスの罠

ウイルス対策ソフトを入れていたはずなのに

すぐさま銀行に連絡したため預金は戻った。PCにはウイルス対策ソフトが入れてあったが、警察によると、対策ソフト自体を消去するウイルスに感染した疑いがあるという。アップデートは「設定が変わってしまうかも」と怠りがちで、ウイルスが入り込む隙があった。

固まるPC、瞬時に消える預金…不正アクセスの罠

ネットバンキングを利用している都市銀行から送られてきた乱数表と、通帳に残る不正送金の振込記録。振込先は見知らぬ人の個人口座だった=大阪市内(一部画像処理しています)

ネットバンキングを利用している都市銀行から送られてきた乱数表と、通帳に残る不正送金の振込記録。振込先は見知らぬ人の個人口座だった=大阪市内(一部画像処理しています)

新種の「ゾンビウイルス」横行

国内で666件確認、日本人が狙われている

ネットバンキングの利用者を狙った、駆除しても消えない新種ウイルスによるサイバー攻撃が、国内で666件確認された。海外でも確認されたが、国内の件数が全体の9割程度を占め、日本人が狙われていることも判明。

ネットバンキング利用者を狙う「ゾンビウイルス」…駆除しても消えない

駆除しても消えない“ゾンビ型”

新種ウイルスは、金融機関のサイトにそっくりな偽画面を表示し、暗証番号などを入力させて盗み取る。同時にPCの通信設定自体も書き換えてしまうため、対策ソフトで「駆除」となった後も誤作動させ続ける“ゾンビ型”とされる。

ネットバンキング利用者を狙う「ゾンビウイルス」…駆除しても消えない

どうして感染?

新種ウイルスは、サイバー犯罪者によるメールに添付されたファイルを開封したり、ウイルスが仕掛けられた企業ホームページを閲覧したりして感染するという。専門家は「感染したPCには専門家の診断が必要」と注意を呼びかけている。

ネットバンキング利用者を狙う「ゾンビウイルス」…駆除しても消えない

ネット不正送金、手口多様化

「ワンタイムパスワード」もダメ

偽画面を表示してパスワードを盗むウイルスについては、一定時間ごとに設定する「ワンタイムパスワード」対策が広がりつつあるが、ワンタイムパスワード自体を盗む新手のウイルスも見つかり、いたちごっこの状態。

地銀も要注意、モバイル攻撃の懸念も ネット不正送金、手口多様化

スマホ、タブレット…モバイル端末への攻撃も

韓国やスペイン語圏では、入力したアカウント情報を盗む偽のネットバンクのアプリが出回りつつある。トレンドマイクロの担当者は「モバイル端末への攻撃も注意が必要」としている。

地銀も要注意、モバイル攻撃の懸念も ネット不正送金、手口多様化

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ