※画像と本文は関係ありません(Thinkstockより)

全身クンクン、パンチラ…「JKビジネス」が横行

女子高生を「JK」と称し、彼女たちに親密なサービスさせ男性客を誘う接客業「JKビジネス」。性的サービスに店側は関知しない建前になっているおり、これが児童買春での摘発の壁になっている。

《JKビジネス》
女子高生(JK)らによる親密なサービスで男性客を誘う接客業。足裏マッサージなどを意味するリフレクソロジーの略語「リフレ」に続き、時間制で客と外出する「お散歩」、写真を撮らせる「撮影会」、室内での「占い」などが登場した。

全身クンクン

■テニスウエア姿の女子高生の臭いを楽しむ

2014年10月、高田馬場の雑居ビルの一室にあるJKコミュニティー店「ぴゅあど~る 高田馬場JKコミュ」では、テニスウエア姿の女子高生(16)の首筋に、男性客(36)が自分の鼻をなめるようにすりつかせながら、ほのかに立ち上がる体臭を楽しんでいた。

今度は「JKコミュ」…個室で女子高生の体臭嗅がせる

■取り締まり厳しい秋葉原から逃れ高田馬場に

18歳未満の女子高生に個室で男性客に体臭を嗅がせるなどさせていたとして、労働基準法違反(危険有害業務への就業)容疑で、通称「JKコミュニティー」店経営、井土敬典(33)と、同店元店長、関口拓人(25)の両容疑者を逮捕。

今度は「JKコミュ」…個室で女子高生の体臭嗅がせる

■「まるで店舗型性風俗店」と捜査関係者

女子高生の全身の臭いを嗅がせる「全身クンクン」は30分4000円、頭だけを嗅がせる「頭クンクン」は同3000円など、ほとんどが体の接触を伴うメニュー。捜査関係者は「密室の中で何が起きてもおかしくない」と話す。

今度は「JKコミュ」…個室で女子高生の体臭嗅がせる

警視庁に摘発された東京・町田市のガールズバー「ベビードール」では、女子高生が下着を見せること売りに客を集めていた=ベビードールのホームページより

警視庁に摘発された東京・町田市のガールズバー「ベビードール」では、女子高生が下着を見せること売りに客を集めていた=ベビードールのホームページより

裏は性接客…秋葉原中心で横行

■性的サービス意味する「裏オプ」

客の多くが要求するのが「裏オプション」だと、若者による市民団体「女子高生サポートセンター・コラボ」の仁藤夢乃さんは説明する。「手をつなぐ」「ほっぺにチュー」「身体を触らせる」-。それぞれ数千円の「裏オプ」。

裏は性接客…秋葉原中心で横行するJKビジネス

■児童買春での摘発は難しい

JKビジネスでは、性的サービスに店側は関知しない建前になっている。これが児童買春での摘発の壁に。

裏は性接客…秋葉原中心で横行するJKビジネス

名ばかりの「お散歩」

■「表」のメニュー看板はお散歩、占い、撮影会、添い寝…

JKリフレ店の摘発以降は、撮影会の他に「JKお散歩」とされる業態も蔓延。女子高生と一緒に「散歩ができる」という触れ込みで、二人きりでカラオケ店や漫画喫茶などに行くサービスで、秋葉原を中心に数十店舗が営業しているとされる。

裏は性接客…秋葉原中心で横行するJKビジネス

■女子高生は“お散歩”を「悪いこととは思っていない」というが…

東京・秋葉原で、「JKお散歩」をめぐり、警視庁少年育成課が15~17歳の高校生ら13人を補導。補導された13人のうち7人はキスを迫られるなどのトラブルの経験があるという。

JKお散歩13人補導 半数がトラブル経験「悪いこととは思わない」

■「裏オプションで」わいせつな行為

相模原市の医師は、有料で少女らと散歩させる「JKお散歩」で働いていた女子生徒とJR秋葉原駅前で知りあい、裏オプションとして別料金を支払った上で、わいせつな行為をした。

「JKお散歩」裏オプション、女子高生にわいせつ行為 35歳医師を逮捕

■お散歩と称し『援デリ』で女子高生を使っている業者も

事情を知る都内の風俗店経営者は「届け出を出さずに闇営業するデリバリーヘルス、いわゆる『援デリ』業者で、その中には未成年の女子中高生を従業員として使っている所が結構ある」と明かす。

少女たちはどうやって店と接点を持つのか

■“供給元”は「悪徳スカウトマン」と「シェアハウス」

 闇業者との接点は主に繁華街で悪徳スカウトマンに声をかけられることで生まれるが、都内で急増するシェアハウスがきっかけになることも。そこには行き場のない家出少女たちが集まり、一部の悪い奴らが、そこに目をつけ、割のいいバイトとして裏風俗店に送り出す。

JKビジネスは“脱法風俗店”

■摘発するごとに業態を変える業者

のぞき部屋、出会い系喫茶、JK居酒屋…。女子高生によるサービスを売りにした「JKビジネス」は、警察が摘発するごとに業態を変え、風営法上は取り締まれない脱法風俗店として存続してきた。

【衝撃事件の核心】今度は「JK撮影会」摘発 リフレにお散歩…業態変えいたちごっこ

驚くべき“サービス”

■「リフレ」で首4の字固め、ののしり、ほっぺぷにぷに

横浜のJKリフレ店では、店内でカーテンで仕切られた個室の中で、制服姿の少女が男性客にかけるプロレス技をかける。「腕ひしぎ逆十字」や「三角絞め」など。技は5秒で1千~2千円。技以外にも、「お手紙」1千円、「ののしり」「ほっぺぷにぷに」は各500円など、さまざまなオプションが。

【衝撃事件の核心】女子高生の制服で首4の字固めに三角絞め…JKリフレ驚きの実態

■「撮影会」で四つんばい、体育座り…

東京・池袋の雑居ビルの一室で、男性の荒い息づかいが静かに響いていた。30代の男性の目の前で、ポーズを取っていたのは私立高校2年の女子生徒。セーラー服姿でいすの上にしゃがみ、両足をM字型に曲げて開き、スカートの中をあらわにしていた。

【衝撃事件の核心】今度は「JK撮影会」摘発 リフレにお散歩…業態変えいたちごっこ

■「撮影会」2千円で動画撮影も

18歳未満の少女が15人在籍した店では、撮影料金は基本料が平日1時間9千円。さらに2千円を追加すると動画撮影ができるなどのオプションも。

「JK撮影会」の2店舗 神奈川県警が県内初摘発 2千円で動画撮影も

少女を食いものにする業者の男たち

■オプション100回以上達成でボーナス

月約220万円の売り上げがあったという「リフレ」。少女たちには、オプション100回以上を達成したり、ビラ配りと街頭での呼び込みを30回以上成功させるとボーナスが支払われるなどしていた。

【衝撃事件の核心】女子高生の制服で首4の字固めに三角絞め…JKリフレ驚きの実態

■マニュアルで自らを「先生」と記載する経営者

経営者の男は少女らに向けたマニュアルの中で自らを「先生」と記載し、遅刻や無断欠勤についても厳しく注意しており、罰則も。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ