世間を騒がせた、あの事件の真相に迫る…「衝撃事件の核心」

長年続く人気連載「衝撃事件の核心」は、現場の記者たちが書き下ろした渾身のWEBオリジナルコンテンツ。凶悪、卑劣、猟奇、不可解…世間を騒がせたあの事件の真相とは-。

11歳年下妻の“狂気”

猛毒のメタノール(メチルアルコール)を含む燃料用アルコールを混入した日本酒を夫(59)に飲ませ、死に至らしめたとして、兵庫県西宮市の女(48)が3月、傷害致死罪で起訴された。

夫のいつもの晩酌の「猛毒」…命奪う

猛毒のメタノール(メチルアルコール)を含む燃料用アルコールを混入した日本酒を夫(59)に飲ませ、死に至らしめたとして、兵庫県西宮市の女(48)が3月、傷害致死罪で起訴された。

できすぎた11歳年下妻の“狂気” いつもの晩酌に「猛毒」混入

妻の鬱憤が爆発! 「俺は大丈夫か」と既婚男性に戦慄

浮気癖もなく、休日に妻子と外出する年上の夫は周囲には「完璧」に映っていたが、妻はひそかに鬱憤をため込んでいたという。前触れもなく夫の命を奪った妻の狂気に、ネット上では「俺は大丈夫だろうか」と戦慄する既婚男性が続出した。

できすぎた11歳年下妻の“狂気” いつもの晩酌に「猛毒」混入

無味無臭のメタノール、飲んだ瞬間に気づくのは困難

昭和大の沼沢聡教授(毒物学)によると、メタノールは無味無臭で、酒に入れても色や味にほとんど変化はなく、飲んだ瞬間に酒とは違うと自覚することは困難という。飲むと頭痛や嘔吐といった症状が出始め、最悪の場合は失明や死に至ることも。

できすぎた11歳年下妻の“狂気” いつもの晩酌に「猛毒」混入

元教え子と「自由恋愛」?

教え子だった女子大生と飲酒デートを重ね、体に触るなどのセクハラ行為をしたとして、定年間近だった京都の私立女子高の男性教諭が懲戒免職処分を受けた。

デート重ね、ボディータッチ…訴えられた教師

教え子だった女子大生と飲酒デートを重ね、体に触るなどのセクハラ行為をしたとして、定年間近だった京都の私立女子高の男性教諭が懲戒免職処分を受けた。

「すごい汗」女子大生の濡れた二の腕にオチた物理教師…懲戒免職で法廷闘争

女子大生「楽しいふりをしていたが、本当は嫌だった」

女子大生は「誘われて食事や海に行ったが、体のいろいろな部分を触られた。楽しいふりをしていたが、本当は嫌だった」と母校に被害を訴え出た。

【衝撃事件の核心】「すごい汗」女子大生の濡れた二の腕にオチた物理教師…懲戒免職で法廷闘争

「自由恋愛」を主張したが…高裁は“一方通行”と判断

元教諭は「男女の個人的な交際を理由にした処分は無効だ」として訴訟に打って出た。しかし、4月の大阪高裁判決では「2人の関係は双方の自由な意思に基づく交際とはいえない」と、元教諭側の“一方通行”だったと指摘した。

「すごい汗」女子大生の濡れた二の腕にオチた物理教師…懲戒免職で法廷闘争

“ツバくれおじさん”の正体

男が女性に金品やキス、唾などを要求する事件が続出

事の発端は平成26年秋ごろ。茨城県牛久市周辺で夜間、女子高生などが乗った自転車の前に飛び出して、ぶつかったように装い金品やキス、唾などを要求する事件が相次いだ。捜査関係者の間で「ツバくれおじさん」と呼ばれていた。

女子高生の自転車にぶつかり「べーして」 逮捕された“ツバくれおじさん”の正体

女子高生を脅し…「べーして。3秒でいいよ」と舌をなめる

同年11月、男は自転車に乗っていた女子高生の前に飛び出し、「ケガしちゃったよ。学校に言われたくないでしょ」などと脅し、「べーして。3秒でいいよ」などと要求。口を開けた女子高生の舌を2回、自身の舌でなめた。

女子高生の自転車にぶつかり「べーして」 逮捕された“ツバくれおじさん”の正体

逮捕の男「唾をなめれば間接キスになると思った」

強制わいせつや恐喝など計19事件で送検されたのは、同県土浦市の会社員の男(38)。唾を要求する理由について「若い女性とキスがしたかった。断られた場合、手に吐き出された唾をなめれば間接キスになると思った」と供述したという。

【衝撃事件の核心】女子高生の自転車にぶつかり「べーして」 逮捕された“ツバくれおじさん”の正体

男が女子大生にわいせつな行為をした現場付近。夜になると人通りは少ない=茨城県牛久市神谷(桐原正道撮影)※写真の男性は事件に関係ありません

男が女子大生にわいせつな行為をした現場付近。夜になると人通りは少ない=茨城県牛久市神谷(桐原正道撮影)※写真の男性は事件に関係ありません

恐怖の「パンツ仮面」に騒然!

昨年からJR尼崎駅近郊で、顔一面を女性用パンツで覆い、自転車で住宅街を疾走する通称「パンツ仮面」が出没。警察に「気持ち悪い」との通報が殺到した。住人女性が警察に持ち込むため、勇気を振り絞って撮影した。

女性用パンツで顔を覆い、住宅街を疾走…通報相次ぐ

昨年からJR尼崎駅近郊で、顔一面を女性用パンツで覆い、自転車で住宅街を疾走する通称「パンツ仮面」が出没。警察に「気持ち悪い」との通報が殺到した。住人女性が警察に持ち込むため、勇気を振り絞って撮影した。

恐怖「パンツ仮面」に女性騒然…ド派手下着で顔覆いママチャリで疾走

「何が楽しい?」…逮捕の男「驚く顔を見ると興奮する」

動画をもとに正体を暴いた兵庫県警は3月、自転車ですれ違いざまに女子中学生の体を触った容疑で塗装工の男(33)を逮捕。「パンツをかぶって自転車で走ることの何が楽しいのか」との問いに「驚く顔を見ると興奮するから」と説明したという。

恐怖「パンツ仮面」に女性騒然…ド派手下着で顔覆いママチャリで疾走

パンツをかぶるのは罪?

捜査関係者によると、野外や人の多く集まる場所でパンツをかぶった場合は、公衆に羞恥や不快感を与えるとして、県迷惑防止条例違反の「卑わいな言動」に該当し、罪に問われる可能性がある。

恐怖「パンツ仮面」に女性騒然…ド派手下着で顔覆いママチャリで疾走

“ラッシュ兄貴”の新たな手口

危険ドラッグ製造・所持でNHKアナウンサーら十数人を摘発

1~2月、性的興奮を高める作用があるとされる液体状の危険ドラッグ「ラッシュ」を製造・所持したとして、全国でNHKアナウンサーや公務員、自衛官ら十数人が麻薬Gメンに芋づる式に摘発された。

“ラッシュ兄貴”逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットを販売

元締めの男は「ラッシュ兄貴デヴィッド」と名乗り、薬物をアピール

ラッシュの「合成キット」を販売していた元締めの男は、ネット上で「ラッシュ兄貴デヴィッド」と名乗り、ブログで「心臓ドクドク!効くぞ!」などとアピール。規制の網をかいくぐろうと「製造原料の提供」という新たな手口に、捜査当局は監視の目を強めている。

“ラッシュ兄貴”逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットを販売

『自分で製造した分は罪に問われない』は間違い

ラッシュの製造原料となる化学物質にはさまざまな用途があるため、所持や輸入には規制がかかっていない。しかし、捜査関係者は「合成前の原料が違法でないからといって、『自分で製造した分は罪に問われない』というのは間違い」と警鐘を鳴らす。

“ラッシュ兄貴”逮捕 性的興奮ドラッグ、元NHKアナらに合成キットを販売

“ラッシュ兄貴”の自宅から押収された原料となる大量の粉末や液体の化学物質

“ラッシュ兄貴”の自宅から押収された原料となる大量の粉末や液体の化学物質

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ