「2016年問題」に音楽業界悲鳴、ライブ会場なぜ足りないのか

首都圏の大規模会場で建て替えや改修が相次ぎ、コンサート会場の不足がピークとなる「2016年問題」が深刻さを増している。音楽業界からは「全然ブッキングできない」と悲鳴も。解決策はあるのか-。

《劇場・ホール「2016年問題」》
2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、2016年をピークに国立競技場、横浜アリーナ、さいたまスーパーアリーナ、東京国際フォーラム、国立代々木体育館など複数の大型施設が改修・閉鎖することから、特に首都圏の劇場・ホールが不足。音楽産業全体に大きな影響が出ると予想されている。(MUSICIAN-NET

2016年、首都圏のライブ会場が足りなくなる

ホールの閉鎖が相次ぎ、6万席が使用できなくなる期間が出てくる

日本芸能実演家団体協議会(芸団協)などが11月5日記者会見し、首都圏でコンサート会場が不足している現状を訴えた。芸団協の調査では、この10年で首都圏の劇場やホールの閉鎖が相次ぎ、累計2万5000席がなくなり、来年には6万席あまりが使用できなくなる期間が出てくるという。

サカナ山口ら会見 ライブ会場『2016年問題』 時期の調整、代替施設確保訴える〔2015年11月5日 ORICON STYLE〕

横浜と埼玉の両アリーナの改修が重なる4カ月間がとくに深刻

なかでも深刻なのは、2016年2月~5月の4カ月間。3万7000人の収容人数を誇る「さいたまスーパーアリーナ」と1万7000人収容可能な「横浜アリーナ」の両施設の使用できない時期が重なるのだ。

新国立の白紙撤回で深刻化 ライブ会場の2016年問題〔2015年10月22日 日経新聞〕

「武道館や幕張メッセも混み合い、全然ブッキングできない」とプロモーター

ディスクガレージの代表でありコンサートプロモーターズ協会会長の中西氏は、「(横浜、埼玉の)両アリーナ関連して日本武道館や代々木第一体育館、幕張メッセも同様に混み合っている。全然ブッキングできなくて、関係者は今みんな苦悩している」と話す。

日本のライブ・エンタテインメントが初めて直面する危機〔2015年5月29日 MUSICIAN-NET〕

閉鎖・改修・建て替えられる首都圏の主な会場 収容人数 時期
新宿コマ劇場 2088 2008年閉鎖
カザルスホール 510 2010年閉鎖
東京厚生年金会館 2062 2010年閉鎖
普門館大ホール 4702 2013年閉鎖
SHIBUYA-AX 1697 2014年閉鎖
青山劇場 1200 2015年閉鎖
五反田ゆうぽうと 1803 2015年閉鎖
日本青年館 1360 2015年建て替え
渋谷公会堂 2084 2015年建て替え
さいたまスーパーアリーナ 約37000 2015年改修
横浜アリーナ 約17000 2016年改修
日比谷公会堂 2074 2016年改修
サントリーホール 2006 2017年改修
代々木第一体育館 13243 2018年改修予定
東京国際フォーラムAホール 5012 2020年東京五輪前に改修予定
国立劇場大劇場 1610 2021年建て替え
中野サンプラザ 2222 2021年建て替え予定
2015年11月5日 朝日新聞より

相次ぐ閉鎖…なぜ会場不足となるのか

東京厚生年金会館など、民主政権時代の「仕分け」で閉鎖

芸団協に取材してみると、民主党政権時代の「仕分け」によって、直接エンターテインメントに関わらない省庁が施設を運営するのはおかしいという話になり、外郭団体が持つ資産を放出することになった。それが既に閉鎖している東京厚生年金会館、五反田ゆうぽうと、青山劇場などだ。

「首都圏でコンサートができない」ホール不足が深刻化 芸能人が悲鳴〔2015年11月6日 J-CASTニュース〕

老朽化、耐震化で建て替え…経済的理由で手放してしまうケースも

渋谷公会堂(1964年完成)など老朽化が著しいための建て替えもあるが、劇場関係者は「施設の耐震化などもあり仕方がない部分もありますが、建て替え時期を迎えて運営側が経済的な理由から手放してしまうケースもあります」と明かす。

“ハコ不足”危機 ジャンル超えアーティストが警鐘 ホール閉館や建て替え相次ぎ〔2015年11月6日 ZAKZAK〕

横浜アリーナなど、スポーツ共用施設は東京五輪へ向けた改修

さいたまスーパーアリーナや横浜アリーナ、国立代々木体育館などのスポーツ共用施設は、2020年の東京五輪に向け、床の強化工事などの改修に入る。

首都圏の文化施設不足深刻 芸団協など対策求める〔2015年11月5日 日経新聞〕

高まるライブ需要…ここ数年で公演数急増、年間2万8000本

一方、ライブの需要は高まり続けている。芸団協によると、公演数は2012年約2万本、2013年約2万2000本、2014年約2万8000本と急増中。観客動員数も昨年は4261万人で、2008年から2倍近くになった。

ライブ会場が足りない 「2016年問題」歌手ら訴え〔2015年11月5日 朝日新聞〕

間もなく取り壊される渋谷公会堂=10月15日、東京都渋谷区

間もなく取り壊される渋谷公会堂=10月15日、東京都渋谷区

会場不足、解決策はあるのか

公立ホールに注目…「閉館時間、柔軟に対応してもらいたい」と業界関係者

業界が注目しているのが、公立ホールや大学ホールなど。芸団協の米屋尚子・実演芸術政策推進室長は「公立のハコは多いが、閉館時間が早いなど会場としては使いにくい。国や自治体などに柔軟に対応してもらいたい」と話す。

ライブ会場が足りない 「2016年問題」歌手ら訴え〔2015年11月5日 朝日新聞〕

静岡や大阪など、地方の大型スタジアムをコンサート会場に

会場不足は、2020年の東京五輪が終わるまで慢性的に続くため、地方の大型スタジアムなどの活用がカギに。日本スポーツ振興センター・古泉修氏は「静岡のエコパスタジアムや大阪の長居スタジアムなどコンサートの成功が続けば、日本各地にも広がっていくのではないか」と語る。

新国立の白紙撤回で深刻化 ライブ会場の2016年問題〔2015年10月22日 日経新聞〕

東京五輪に向けて作られる収容人数1万5000人の「有明アリーナ」。五輪後はコンサート使用が見込まれている。

東京五輪に向けて作られる収容人数1万5000人の「有明アリーナ」。五輪後はコンサート使用が見込まれている。

展示場の「2019年問題」も

東京ビッグサイト、五輪の前年から使用…モーターショーやコミケどうなる?

東京では新たに「2019年展示場問題」が浮上。国内最大規模の東京ビッグサイトは、東京五輪の前年から、事前準備のため使用できない恐れがある。ビッグサイトでは東京モーターショーや同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)」などが定期開催されており、関係者は懸念を強めている。

東京「2019年問題」!?大型展示場は軒並み五輪で使用 他の催しはどうなる?

幕張メッセも五輪で使用、パシフィコ横浜では規模が小さくなる

首都圏では、多くの車両を搬入できる展示施設は、ほかに幕張メッセ(千葉市美浜区)などに限られる。だが、幕張メッセも五輪でフェンシングなどの会場になり、代替開催できるかは微妙だ。パシフィコ横浜(横浜市西区)を利用する案も浮上するが、規模は縮小となる。

東京「2019年問題」!?大型展示場は軒並み五輪で使用 他の催しはどうなる?

東京五輪で報道陣の拠点となる東京ビッグサイト=東京都江東区(小松洋撮影)

東京五輪で報道陣の拠点となる東京ビッグサイト=東京都江東区(小松洋撮影)

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ