今も女人禁制、男性は禊…世界遺産候補となった「神宿る島」

2017年に世界文化遺産への登録を目指す国内候補に、福岡県の古代遺跡「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」が決まった。このうち、沖ノ島は『神宿る島』とされ、女人禁制など厳しい掟(おきて)が今も守られている。

《『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群》
福岡県宗像市の沖ノ島を中心に、宗像大社や福津市の新原・奴山古墳群など5つの資産で構成される遺産群。大陸との海上交流が盛んになった4~9世紀にかけ、航海の安全を祈る大規模な祭祀(さいし)が行われた。沖ノ島には銅鏡や金製の指輪など、およそ8万点の装飾品などが出土していることから「海の正倉院」とも呼ばれる。

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産候補に

世界文化遺産を目指す…登録の可否は2017年夏ごろ決定

文化審議会の特別委員会は7月28日、2017年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産の登録を目指す候補として、「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を選んだ。登録の可否は2017年夏ごろに開催される世界遺産委員会で決まる。

宗像・沖ノ島遺産群を世界文化遺産候補に選定 ユネスコに推薦へ

ユネスコへの推薦は国内で年1件に限定、4候補が競合した

ユネスコへの推薦は国内で年1件に限られており、世界遺産暫定リストに入っている「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)、「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」(新潟)、「百舌鳥・古市古墳群」(大阪)と競合した。

宗像・沖ノ島遺産群を世界文化遺産候補に選定 ユネスコに推薦へ

勝因は“目に見える”遺跡、当時のままの姿を留める

「宗像・沖ノ島」の選定理由の一つに、構成する遺産の多くが当時のままの姿を留めていることが挙げられた。沖ノ島では巨大な岩の上や岩陰に神が降臨するとされ、文化庁の担当者は「当時の姿を留める岩などは、海外の方に見てもらっても理解しやすい」と説明した。

勝因は“目に見える”遺跡 祈りの物語も評価 宗像・沖ノ島遺産群選定

「4候補の中で一番上手」分かりやすい解説も評価された

今回審査された4候補は、いずれも同じ分野の遺産を一括して推薦する「シリアルノミネーション」と呼ばれる手法。「宗像・沖ノ島」は大陸との交流や航海の安全の祈りの姿を分かりやすく解説しており、「(4つの候補の中で)一番上手にできていた」(文化庁)と評価された。

勝因は“目に見える”遺跡 祈りの物語も評価 宗像・沖ノ島遺産群選定

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社中津宮(なかつぐう)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社中津宮(なかつぐう)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社辺津宮(へつぐう)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社辺津宮(へつぐう)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社沖津宮遥拝所(ようはいしょ)

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」を構成する宗像大社沖津宮遥拝所(ようはいしょ)

「神宿る島」は今も女人禁制

女神のご神体とされる沖ノ島 女人禁制、男性も「禊」が必要

「宗像・沖ノ島と関連遺産群」のひとつ、沖ノ島(宗像大社沖津宮)は島全体が「田心姫神(たごりひめのかみ)」のご神体だとされており、「神が宿る島」とも称される。女人禁制で、男性も全裸で海中に入る「禊」をしなければ上陸できない。

世界遺産、国内候補決定へ 宗像・沖ノ島に吉報届くか〔2015年7月28日 産経ニュース〕

⇒女神が嫉妬?「女人禁制」の理由には諸説ある

「田心姫神」は女性の神様なので、女性に対して嫉妬心を抱くことや、手漕ぎ舟での渡島が女性にとって過酷であることなど諸説ある。

女人禁制、男性は禊を…!女神が支配する離島「沖ノ島」の謎〔2014年7月8日 TABIZINE〕

⇒地元市民、女人禁制は「差別ではなく伝統」

沖ノ島の独特の慣習が本登録の障害になるとの懸念もあるが、宗像・沖ノ島世界遺産市民の会の海出耐祐さんは「慣習も遺産価値の一部だ。差別ではなく伝統だと、海外の人に理解してもらう努力が必要だ」と強調した。

「差別でなく伝統」女人禁制の神宿る島…宗像・沖ノ島、世界遺産推薦へ

古くからの習わしで、沖ノ島に上陸する者は海に入り身を清めなければならない=2011年10月15日撮影

古くからの習わしで、沖ノ島に上陸する者は海に入り身を清めなければならない=2011年10月15日撮影

沖ノ島上陸者の心得を記した看板=2011年10月15日撮影

沖ノ島上陸者の心得を記した看板=2011年10月15日撮影

「海の正倉院」とも呼ばれる

銅鏡や勾玉など多数出土…8万点あまりが国宝に指定されている

沖ノ島では3回にわたる発掘調査の結果、銅鏡や勾玉、装身具など、約8万点が出土していることから「海の正倉院」とも呼ばれている。約500年間にわたる国家祭祀の変遷が良好な状態で残っており、歴史的価値の高さから、すべて国宝に指定されている。

世界遺産、国内候補決定へ 宗像・沖ノ島に吉報届くか〔2015年7月28日 産経ニュース〕

「古代祭祀の跡がほぼ手つかず…世界的に見ても顕著な事例」と識者

今回、世界文化遺産の登録を目指す候補の審査に当たった西村幸夫東大教授は「古代祭祀の跡がほぼ手つかずで残り、現在も信仰の対象となっており、世界的に見ても顕著な事例だ」と説明した。

宗像・沖ノ島遺産群を世界文化遺産候補に選定 ユネスコに推薦へ

玄界灘に浮かぶ沖ノ島=福岡県宗像市(門井聡撮影)

玄界灘に浮かぶ沖ノ島=福岡県宗像市(門井聡撮影)

巨岩と原生林に囲まれた中にひっそりと建つ沖津宮

巨岩と原生林に囲まれた中にひっそりと建つ沖津宮

神宿る島 沖ノ島〔「宗像・沖ノ島と関連遺産群」世界遺産推進会議〕

“落選”した候補は…

堺市は、仁徳天皇陵を含む「百舌鳥(もず)・古市古墳群」で大阪初の世界遺産登録を目指したが、選定見送りに。文化庁からはさらに説明を工夫するよう注文が付いた。同市の広報キャラクター、ハニワ課長は「正直ショックです」とガックリ。「古墳ができてからの1600年を考えたら1、2年はどうってことないです。気持ちを切り替えて頑張ります」と話した。

「百舌鳥・古市古墳群」大阪初の世界遺産ならず

堺市は、仁徳天皇陵を含む「百舌鳥(もず)・古市古墳群」で大阪初の世界遺産登録を目指したが、選定見送りに。文化庁からはさらに説明を工夫するよう注文が付いた。同市の広報キャラクター、ハニワ課長は「正直ショックです」とガックリ。「古墳ができてからの1600年を考えたら1、2年はどうってことないです。気持ちを切り替えて頑張ります」と話した。

うなだれる“ハニワ課長”「体は空洞、頭も空っぽ」 世界遺産の候補落選で

新潟の「佐渡金銀山」、保存・管理などに課題が残るとの指摘も

新潟県が登録を目指した「金を中心とする佐渡鉱山の遺産群」は見送りが決定。関係者からは「残念」「来年は頑張りたい」との声が上がった。一方、関係者の一部からは施設の劣化や破損が進んでおり、修復保存に向けた整備が必要だとの指摘もあった。

世界遺産推薦、佐渡金銀山「見送り」…関係者「残念」も管理に「課題」

北海道と北東北の「縄文遺跡群」選ばれず…地元は「これからが勝負」

北海道と北東北にまたがる18カ所の遺跡群「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)は選ばれず。地元では、今後、縄文遺跡の魅力をわかりやすく伝えていく努力をするといい、「2016年以降が勝負だ」と話した。

「北海道・北東北を中心とした縄文遺跡群」...「これからが勝負」〔2015年7月28日 FNN〕

今年は「明治産業遺産」が登録決定

ユネスコの世界遺産委員会は7月5日、「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録することを全会一致で決めた。「富士山」「富岡製糸場と絹産業遺産群」に続いて3年連続の登録で、日本の世界遺産は文化15件、自然4件の計19件となった。

ユネスコの世界遺産委員会は7月5日、「明治日本の産業革命遺産」を世界文化遺産に登録することを全会一致で決めた。「富士山」「富岡製糸場と絹産業遺産群」に続いて3年連続の登録で、日本の世界遺産は文化15件、自然4件の計19件となった。

産業革命遺産、世界文化遺産に登録決定 3年連続19件目…韓国発言で最終日まで紛糾

《明治日本の産業革命遺産(福岡など8県23施設)》

19世紀半ばから20世紀初頭にかけ、日本の近代化を牽引した重工業分野の施設で構成。「軍艦島」の通称で知られる端島炭坑(長崎市)などのほか、官営八幡製鉄所の修繕工場(北九州市)、三菱長崎造船所のクレーン(長崎市)といった100年以上経過した現在も稼働中の施設も含まれる。

来年は「長崎の教会群」を審査へ

2016年の世界文化遺産の登録候補は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。文化庁は今年1月、正式な推薦書をユネスコ本部に提出。9月にもユネスコ諮問機関の現地調査を受け、来年6月下旬ごろの世界遺産委員会で登録の可否が決まる見通し。

今年9月に現地調査、2016年6月下旬ごろに登録の可否が決まる見通し

2016年の世界文化遺産の登録候補は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。文化庁は今年1月、正式な推薦書をユネスコ本部に提出。9月にもユネスコ諮問機関の現地調査を受け、来年6月下旬ごろの世界遺産委員会で登録の可否が決まる見通し。

「長崎の教会群」ユネスコに推薦書提出 世界遺産登録目指し日本側の手続き完了

《長崎の教会群とキリスト教関連遺産(長崎、熊本県)》

国宝の大浦天主堂(長崎市)をはじめとする教会建築や、キリシタンゆかりの城跡、集落など14件の文化財で構成。キリスト教が極東に伝わり独自の信仰形態が生まれた点や、日本とヨーロッパの建築技術が融合した教会が建てられた点などを挙げ、他に例のない貴重な遺産だと説明している。

これに加え、今年「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録決定。日本の世界遺産は文化15件、自然4件の計19件となった。

これに加え、今年「明治日本の産業革命遺産」が世界文化遺産に登録決定。日本の世界遺産は文化15件、自然4件の計19件となった。

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ