※画像と本文は関係ありません(Thinkstockより)

「クローズアップ現代」やらせ疑惑「ブローカー」借金で断れず?

NHKの報道番組「クローズアップ現代」の「出家詐欺」の特集で“やらせ”があったと「週刊文春」が報じた。登場人物の記者会見で明らかになる“裏話”とは?

《出家詐欺》
寺で得度すれば戸籍上も法名への変更が可能となる制度を悪用したもので、宗教法人と結託して多重債務者を別人に仕立て上げ、ローンや融資をだまし取る詐欺。

ことの発端は「週刊文春」の報道(3月26日号)

「追跡“出家詐欺”」でやらせと報じる

『週刊文春』(3月26日号)が「やらせ報道を告発する」として、NHKの看板番組「クローズアップ現代」の2014年5月14日放送分で特集「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」内で“やらせ”があったと報道した。

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】「韓国『勘違い外交』のツケ」…NW日本版で特集「日韓の問題は韓国の『内政問題』」

番組に「ブローカー」として登場した人物が告発

番組に「ブローカー」として登場した人物が告発。ブローカーは「N記者に依頼されて私が演技したもの」「『顔は出しません。指輪と時計を全部外してください』と言われ、セーターを渡されて着替えさせられた」と、すべてはNHK大阪社会部N記者が仕組んだ「やらせ」だったという主張。

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】「韓国『勘違い外交』のツケ」…NW日本版で特集「日韓の問題は韓国の『内政問題』」

どんな放送内容か?

1.《ブローカーを突き止めた》とのナレーション後に男性が登場

特集「追跡“出家詐欺”~狙われる宗教法人~」では、《私たちは出家を斡旋するブローカーの1人が関西にいることを突き止めました。たどりついたのはオフィスビルの一室。看板の出ていない部屋が活動拠点でした》というNHK記者のナレーションに続き、ブローカーとされる男性が登場。

やらせ報道 NHKが調査委を設置 「ブローカー」男性に“演技指導”

2.ブローカーとして「出家詐欺」の内幕を語る

登場した「ブローカー」は、多重債務者を出家させて戸籍名を変え、融資をだまし取る「出家詐欺」の内幕を語る。

3.多重債務者は記者の質問に「生きていくためにしかたがない」

ブローカーのもとに相談に訪れた多重債務者は記者の質問に「生きていくためにしかたがない」と答えた-。

やらせ報道 NHKが調査委を設置 「ブローカー」男性に“演技指導”

男性が否定「ブローカーしたことはない」(4月1日)

演技したが「再現映像」を撮影したという認識

大阪府内の男性(50)はNHKの記者からブローカー役を演じるよう指示され、演技したが、再現映像を撮影したという認識だったと説明。「記者からどの番組で、どのように放送するか一切説明がなかった。きちんと調査し、訂正してほしい」と話した。

「NHKクローズアップ現代でやらせ」 “ブローカー”の男性が訂正申し入れ

次々と明らかになる「裏話」

記者が知人男性に「多重債務者」をやらせたと「週刊文春」報道

週刊文春は、記者が知人男性に多重債務者役を演じさせ、知人男性と付き合いのあった飲食店店長の男性(50)にブローカー役を依頼した、と報じた。

やらせ報道 NHKが調査委を設置 「ブローカー」男性に“演技指導”

「活動拠点」の借り主、「多重債務者」と面識

ブローカーの活動拠点とされた事務所の借り主が4月3日、大阪市内で記者会見し、リポートしたNHK記者や多重債務者として登場した男性と以前から面識があったことを明らかにした。

「クロ現」やらせ報道 NHK記者と面識 撮影地借り主、会見で明言

記者から“演技指導”と「ブローカー」が証言

「自分はブローカーではない」と主張する店長は報道各社の取材に対し、番組で多重債務者とされた男性から記者を紹介されたと述べた。「男性に50万円の借金があり、(出演依頼を)断りきれなかった」と説明。事前に記者から“演技指導”を受け、撮影後は3人で居酒屋で飲食したと証言した。

やらせ報道 NHKが調査委を設置 「ブローカー」男性に“演技指導”

NHKが調査委設置(4月3日)

4月6日の週に中間報告へ

NHKは4月3日、局内に同番組に関する調査委員会を立ち上げた。「やらせ」の有無や取材・制作のプロセス、放送内容が適正だったかどうかなどを検証し、調査報告書にまとめ、翌週、中間報告を公表する。

クロ現やらせ疑惑 NHKが調査委設置 来週にも中間報告

「クローズアップ現代」出演男性に訂正放送を求められたNHK。取材プロセスの確認作業中という=東京都渋谷区のNHK放送センター

「クローズアップ現代」出演男性に訂正放送を求められたNHK。取材プロセスの確認作業中という=東京都渋谷区のNHK放送センター

専門家「VTRの検証が必要」

「タイムコードの情報がカギ」

日本テレビで多数のドキュメンタリーを手がけた水島宏明法政大学社会学部教授は「放送では、多重債務者がブローカーに相談した後、外に出たところを記者が追いかけ、インタビューした流れになっている。その順番通りに撮影が行われたかどうかが重要なポイント。VTRにはタイムコードという情報が残されている」と話す。

やらせ報道 NHKが調査委を設置 「ブローカー」男性に“演技指導”

注目まとめ

    アクセスランキング

    もっと見る

    ピックアップ

      どう思う?

      「どう思う?」一覧

      注目のテーマ