膨張する中国

米中“開戦前夜”の緊迫状況! 米大統領選に向け台湾海峡めぐり軍事衝突の懸念 菅政権は「ともに戦う覚悟」できるか

 米大統領選(11月3日投開票)が佳境を迎えるなか、共産主義と自由主義が対峙(たいじ)する台湾海峡が緊迫している。中国の習近平国家主席は「戦争準備」とも受け取れる過激な発言を繰り返し、中国人民解放軍は9月中旬以降、台湾の防空識別圏に連日のように軍用機を侵入させている。台湾の対岸には、新型弾道ミサイルを実戦配備したという。世界最強の米軍も一歩も引かない構えだ。これらの動きをどう見るか。拓殖大学海外事情研究所所長、川上高司氏が緊急連載「緊迫する世界」で迫った。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ