生物、歴史、宇宙…気になる「発見」

京都でイルカの化石発見 新種の可能性、鯨類進化のミッシングリンク解明なるか 宇治田原、残存状態も良好

 京都府宇治田原町にある1700万~1600万年前(新生代)の地層から、同時代としては世界的にも稀なほど残存状態の良好なイルカの化石が発見された。当時の沿岸環境に適応した原始的なイルカの一種で新種と見られ、研究を続けている京都大学などのグループは、今後さらに詳細な調査を続けて、種の特定などを行うとしている。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ