サイバー攻撃、システム障害

サイバー攻撃の「深刻度」5段階に 政府導入へ 

 政府は25日、サイバーセキュリティ戦略本部(本部長・菅義偉官房長官)の会合を首相官邸で開き、電力や通信などの重要インフラがサイバー攻撃を受けた場合に、被害が国民生活に与える影響の「深刻度」を評価する5段階の基準を導入することを決めた。事業者や政府、国民が被害について共通認識を持つことで、スムーズで的確な対応につなげる狙いがある。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ