SUBARU(スバル)

スバル、ディーゼル撤退へ 2020年度めど、EV開発加速

 SUBARU(スバル)が、ディーゼルエンジン車の販売から撤退する方針を固めたことが7日、分かった。現在は欧州とオーストラリアで扱っているが、2020年度をめどに販売を終了する。世界的に競争が激化している電気自動車(EV)などに注力し、開発を加速する。[続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ