WBC 世界一奪還へ

京田が代表初の適時打で追加点! 侍Jは犠打&3盗塁と足を絡めた攻撃

 アジアプロ野球チャンピオンシップ2017予選リーグ(18日、台湾-日本、東京D)日本は五回、京田(中日)が日本代表で初の適時打を放ち、2点を追加した。この回、先頭の外崎(西武)が中前打で出塁すると、西川(広島)が一前犠打。進塁した外崎が三盗を決め、一死三塁。田村(ロッテ)は一ゴロに倒れるも、中村(ロッテ)は四球を選んだ。その中村が盗塁し二死ニ、三塁となったところで、京田が打席に。台湾・先発の林政賢の5球目、104キロの緩いカーブを右前に運び、2点打。3-0とした。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ