蓮舫代表

蓮舫氏、なお残る挙証責任 「発言が軽かった」ごまかすように回答したが…会見の核心

 民進党の蓮舫代表は18日、自身の「二重国籍」問題をめぐり、昨年9月に台湾籍を離脱したうえで、翌10月に日本国籍の選択宣言をしたことを示す戸籍謄本の一部などを開示した。9カ月間も開示を拒み続けたことで、民進党の党勢は回復不可能なまでに低迷している。いち早く、この問題を指摘した評論家の八幡和郎氏が、蓮舫会見の核心に迫った。 [続きを読む]

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧