米大統領

新着ニュース

トランプ相場、踊り場に 米政権の政策実行力を不安視 オバマケア代替法案が試金石に

 昨年11月の米大統領選直後から世界的な株価や金利の上昇、円安ドル高を演出してきた「トランプ相場」が壁にぶち当たっている。最近の日米株価は調整色が強まり、円相場も今週は一時1ドル=110円台まで円高ドル安に逆回転した。当面の試金石となるのは医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案の米議会での採決の行方だ。これがもたつけば、金融市場が心待ちにしてきた減税やインフラ投資など景気刺激策の具体化も遅れる懸念が強まり、円高・株安圧力となりかねない。(森田晶宏)

新着ニュース一覧

関連フォト

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ

    どう思う?

    「どう思う?」一覧