政界徒然草

藤波孝生元官房長官の手紙全文公開「国は病んではいけない」「生きた政治のこわさ思う」 リクルート裁判の心境つづる

 第2次中曽根康弘内閣で官房長官を務め、リクルート事件で受託収賄罪に問われた藤波孝生氏(1932~2007年)。俳人としても知られ、「控えめに 生くる幸せ 根深汁」の句は人柄を表しているといえる。1審で無罪、2審で逆転有罪判決を受けたが、国を思う気持ちを忘れることはなかった。[続きを読む]

ピックアップニュース

新着ニュース一覧

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ