生活習慣病予防のための効果的な“和食生活”とその指導:イザ!

生活習慣病予防のための効果的な“和食生活”とその指導

日本生活習慣病予防協会は、「生活習慣病予防のための効果的な“和食生活”とその指導」セミナーを4月14日に都内で開催、医療・保健指導従事者など243人が参加した。

 生活習慣病とはその名の通り、ふだんの生活のさまざまな習慣が引き起こす疾患の総称。なかでも、がん、心臓病、脳卒中は、日本人の三大死因でもある。総務省がこのほど発表した推計人口によると、65歳以上の高齢者(老年人口)は25%を超えた。高齢になると増える生活習慣病に対策することが、ますます必要とされている。

 池田義雄・日本生活習慣病予防協会理事長は、現代の日本人の健康の秘訣として、「一無、二少、三多」を提唱している。一無は「無煙・禁煙の勧め」、二少は「少食・少酒の勧め」、三多は「多動・多休・多接」を意味する。多動は「体をできるだけ動かす」、多休は「休息・睡眠を十分にとる」、多接は「多くの人や物と接し活力のある生活をする」ことだ。

池田義雄先生
和田高士先生

「一無、二少、三多」で生活習慣を改善

 東京慈恵会医科大学総合健診・予防医学センターの和田高士教授は、「健康習慣“一無、二少、三多”が説く生活習慣病を予防する食生活」と題し講演した。

 和田教授は、生活習慣病には、原因以外にも共通点があると指摘する。「それは、自覚症状がほとんどないままに、じわじわと進行する点です。発熱や腰痛などのように、症状がはっきりあらわれる病気もありますが、生活習慣病はそうではありません。症状がはっきりしない病気では、ついつい受診が遅くなり、病状を悪化させてしまいがちになります」。

 したがって、予防するために、日頃から自分の健康状態を把握しておく必要がある。そのきっかけになるのが健康診断だ。生活習慣病の三大要因である高血圧・高血糖・脂質異常症に相当しないかどうか、定期的な確認が必要になる。

 和田教授は人間ドックを受診した約9,500人を7年間、追跡して調査した。「一無、二少、三多」の6つの生活習慣の実行数によって、「少実践」「中実践」「多実践」に分け、診断基準にそってメタボリックシンドロームの発症率を調べた。その結果、「一無、二少、三多」を多く実践している群ほどメタボの頻度が減少する傾向がみられた。6つすべてを実行している場合は、全く行っていない場合に比べ、メタボリックシンドローム発症の比率に3倍の開きがあることが明らかになったとの研究成果を発表した。

 「糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病は、何年もかかって進行するケースが少なくありません。しかし、これらの病気も早期に芽をみつけて治療を始めれば、進行をくいとめることも治癒することもできます。そのために、人間ドックや健康診断を活用し、病気のいち早い発見に努めていくことが大切です」と、和田教授は強調した。

 健診は受けっぱなしでは意味がない。健診結果を受け取っても、さっと見てあとは引き出しにしまっておくだけでは、受けないのと変わらない。健診で体をチェックし、異常がみつかったならそれを治療していく必要がある。

 「治療は、薬物療法に限られるものではありません。“一無、二少、三多”を実行し、生活習慣を改善することで、効果を期待できるものも少なくありません。合併症を引き起こし、生活に支障が出る前に、予防に努めてください」。

  • INDEX
  • BACK
  • NEXT