サッカーJリーグ・G大阪の新スタジアム。隣接する施設は11月開業予定の「エキスポシティ」、左上は万博記念公園のモニュメント「太陽の塔」=2015年9月、大阪府吹田市(共同)

費用140億円を募金で…G大阪の新スタジアムはココがすごい!

更新

サッカーJリーグG大阪の新スタジアムが大阪府吹田市に完成した。建設費用を自治体に頼らずクラブ主導で集めた上、長期にわたりクラブが運営管理を行うという日本初の試み。ファン目線を大切にしたそのサッカー専用スタジアムに全国から注目が集まっている。

《ガンバ大阪》
大阪府吹田市を本拠とするJリーグ所属クラブ。前身は松下電器産業サッカー部で、1993年のJリーグ開幕時より加盟している10クラブのなかのひとつ。Jリーグ開幕当初は下位に低迷していたが、徐々に順位を上げ、2005年にリーグ戦を初制覇。Jリーグ屈指の強豪チームへと成長したが、12年にクラブ初となるJ2降格。その後J1に復帰し、14年にはリーグ、天皇杯、ヤマザキナビスコカップの3冠を成し遂げた。〔ガンバ大阪公式HP

日本初の試みでG大阪の新スタジアム完成

「市立吹田サッカースタジアム」(仮称)が9月に完成

サッカーJリーグのガンバ(G)大阪の新スタジアムが9月大阪府吹田市の万博記念公園に完成した。竣工式は10月10日に行われる。朝日新聞によると、新スタジアムは「市立吹田サッカースタジアム」(仮称)で、後に吹田市に寄贈されるため、同市が命名する予定。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

費用140億円は自治体に頼らず、クラブが募金や助成金などで集めた

G大阪は「スタジアム つくろう」を合言葉に、企業や個人からの募金、助成金などで集めた約140億円で建設。寄付金は、2010年3月に「スタジアム建設募金団体」を設立し12年4月から15年3月までの約3年間で募った。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

W杯なども開催可能な約4万人収容の“サッカー専用スタジアム”

4万人収容の新スタジアムは、陸上トラックをもたないサッカー専用型。Jリーグだけでなく、アジア・サッカー連盟(AFC)などの基準にも合致し国際Aマッチが開催できる。2千席のVIPエリアやラウンジもあり、開幕戦や決勝戦以外なら、ワールドカップも開催可能なスペック(仕様)を誇る。

総額140億円でここまでできる…「G大阪」新スタジアム“7つの秘密”

G大阪が約50年間「指定管理者」になり運営する

G大阪は、費用を集めて新スタジアムを建設し、吹田市に引き渡す代わりに約50年間、指定管理者となる。サッカー以外のイベントや地域の拠点としても運営し、用地の所有者である府に払う賃借料などを捻出する。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

《「指定管理者制度」と他チームにおけるその契約状況》

「指定管理者制度」は公共施設の管理・運営を民間に委ねる制度。他チームでは鹿島アントラーズのカシマサッカースタジアム(茨城県鹿嶋市)と県が鹿島の運営会社と10年契約を結ぶ。プロ野球広島東洋カープのマツダスタジアム(広島市南区)では、広島市がカープの運営会社と10年契約を結んでいる。

ガンバ本拠地管理47年超 新スタジアム、異例の契約〔2015年7月30日 朝日新聞デジタル〕

建設費を募金で集めたワケとは

本拠地が老朽し自治体に相談したが反応が鈍かった

G大阪の現在の本拠地、「万博記念競技場」は陸上トラックの内側にピッチがあり、収容2万1000人。老朽化も進み、ホームタウンの吹田市や茨木市などに相談したが、巨費が必要なスタジアム建設への反応は鈍かった。そこでクラブは2010年3月に「スタジアム建設募金団体」を設立した。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

国際大会に出場した際、設備面の不備から本拠地での開催を一時ストップされたことで新設構想に拍車

新設構想は1999年ごろに起こり、2008年に本格始動した。G大阪が同年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場した際、設備面の不備からアジア・サッカー連盟(AFC)に万博記念競技場での開催を一時ストップされたことで実現へ拍車がかかった。

寄付金で新スタジアム G大阪、新モデルに挑む〔2012年11月21日 日本経済新聞〕

寄付金額はG大阪の3冠達成で大きく伸び、募金終了時点で計画通りの額に達した

募金団体を設立後も目標の140億円に一時は大きく届かなかった。募金活動期間を計3期間にわたって延長した。2014シーズンに3冠達成したことで寄付は伸び、募金は2015年3月14日で終了。終了時点で、スポーツ振興くじ(toto)などの助成金とあわせて100億円を超え、計画通りに建設を開始した。

ガンバ新スタジアムに寄付100億円超 計画通り建設へ〔2015年3月25日 朝日新聞デジタル〕

最終的に集まった寄付金額

金額
目標 14,000,000,000円
合計 14,085,665,383円
(内訳:法人) 9,950,186,535円
(内訳:個人) 622,152,091円
(内訳:助成金) 3,513,326,757円
(※2015年6月18日現在)

〔スタジアム建設募金団体HP〕

新スタジアム建設に向けた募金活動を行うガンバ大阪の岩下選手=2013年5月19日、万博記念競技場(山田喜貴撮影)

新スタジアム建設に向けた募金活動を行うガンバ大阪の岩下選手=2013年5月19日、万博記念競技場(山田喜貴撮影)

最大の売りは臨場感! 建設担当者に聞いた

欧州30スタジアムを見学した知識が最大限に生かされている

G大阪スタジアム建設担当の本間智美氏は「欧州30スタジアムを見学した知識が最大限に生かされている」と誇る。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

抑えた建設費…4万人規模で140億円は平均より約3割のコスト減

一般的にスタジアム建設費は1席50万円で計画されるといわれ、収容4万人規模での140億円は、平均より約3割のコスト減。本間氏(前出)は「欧州のように目に見えるところにお金をかけ、裏側はシンプルに作った」。関係者の部屋などできるだけ簡素な作りに。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

メーンスタンド最前列からタッチラインまでわずか7メートル

メーンスタンド最前列からタッチラインまでわずか約7メートル。FIFAの規定では8・5メートルが目安とされているが、直接掛け合って許可を得た。ゴール裏もゴールラインまで約10メートル。スタンドまでの距離が近いため、英マンチェスターUの本拠地に倣い、日本で初めて監督などのベンチが観客席に埋め込まれた。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

東京ドームを除けば日本で唯一…全席を屋根でカバー

新スタジアムは全席屋根でカバーされており、東京ドームを除けば日本で唯一。南側は素材をガラスとし、芝生に太陽の光が届くよう工夫されている。芝については、スタンドの下部に養生を助ける通風口も設けられている。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

スタンド外周フロアには仕切りがなく反対側の売店にも自由に行ける

3階スタンドの外周部分にはさまざまな種類の29店舗の売店が並ぶ。フロアは仕切りがなく回遊可能で、反対側のスタンドにある売店にも行くことができる。また、トイレはひとつ下の2階部分にまとめ、動線が重ならないよう配慮してある。

総額140億円でここまでできる…「G大阪」新スタジアム“7つの秘密”

ランニングコストも抑えられる全面LED照明

全面がLED照明となっており、ランニングコストや営繕費用を抑えることができ、試合中の演出もこれまでとは違ったものができるという。指定管理者としてスタジアムを運営するG大阪の助けにもなりそう。

総額140億円でここまでできる…「G大阪」新スタジアム“7つの秘密”

ほかにもこんな“仕掛け”が

  • 【ロッカールーム】アウェーチーム前の廊下壁面には、あえてG大阪側のゴールシーンなどを装飾
  • 【VIP席】約2000席と日本最大級。幅4メートル×奥行き8メートルの小部屋が30部屋、約150人が一同に着席できる大部屋も4、5カ所設置される
  • 【太陽光発電】太陽光発電した電力を近接する大型複合施設と分け合う。道路を挟んでの「電力融通」は日本初
  • 【耐震対策】屋根に「免震装置」を設置。揺れが発生すると、建物と屋根が別の動きをして倒れにくい

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

G大阪の新スタジアムは大規模災害時に避難場所となるなど、防災拠点としての機能も併せ持つ。このために取り入れたのが、大規模スタジアムとしては日本初となる屋根免震構造=9月、大阪府吹田市

G大阪の新スタジアムは大規模災害時に避難場所となるなど、防災拠点としての機能も併せ持つ。このために取り入れたのが、大規模スタジアムとしては日本初となる屋根免震構造=9月、大阪府吹田市

《他スタジアムのスタンド~ピッチの距離》

サッカー専用スタジアムである埼玉スタジアム(約6万3700人収容)は、メーンスタンド最前列からタッチラインまでの距離が約14メートル、カシマスタジアム(約4万人)は約15メートル。

G大阪新スタジアムはド迫力日本一近いピッチと客席〔2015年7月10日 日刊スポーツ〕

視察希望が殺到 サッカー専用スタジアム化が進む理由

Jの複数クラブでも構想中。近代的とされる「専用スタジアム」は同リーグの課題

近代的なサッカー専用スタジアムはJリーグの課題となっており、全国的に関心が高い。J2の北九州や京都で自治体を主体に建設が進むほか、J1の名古屋や広島、松本などでも構想がある。G大阪には、他クラブや自治体関係者などの視察希望が殺到しているという。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

座席・トイレ数などを満たさなければJ1に昇格できないという「制度」も背景のひとつ

サッカー(球技)専用スタジアム建設の動きが進む背景は一様ではないが、Jリーグが導入した「クラブライセンス制度」がひとつの要因となっている。座席の絶対数の確保からトイレの数まで、スタジアムの規定が細かく定められており、これを満たせないクラブはJ1に昇格できないといった不利益をこうむる。

相次ぐ球技専用スタジアム建設構想…そのメリットとは?〔2013年9月15日 SOCCER KING〕

クラブ側は「改修」は莫大な費用がかかるため、より収益性の高い専用施設を「新設」しようという発想になる

ライセンス制度が定める基準を満たすために陸上競技場を改修するにしても莫大なコストを要するため、クラブ側は「それなら新設を」と考える。さらに、同制度では「サッカー専用」は推奨していないが、クラブ側は、臨場感と一体感を演出し、より収益性が高い専用スタジアムを新設しようという発想になる。

相次ぐ球技専用スタジアム建設構想…そのメリットとは?〔2013年9月15日 SOCCER KING〕

G大阪新スタジアム隣接地には大型複合施設が開業予定

ららぽーとや海遊館が手掛けるミュージアムも入る「エキスポシティ」(11月19日オープン)

2015年11月19日には、新スタジアムの隣接地に、三井不動産が運営する大型複合施設「エキスポシティ(EXPOCITY)」も開業予定。日本最大の高さを誇る大型観覧車のほか、英語の学習施設といった体験型レジャーが充実。「ららぽーと」や、水族館「海遊館」が手掛ける新施設や映画館なども入る。

吹田市と大阪府は金銭的負担なしに“集客装置”を手にした格好に

G大阪の主導で新スタジアムが建設されたため、地域活性化やブランド力向上に期待する吹田市や公園を管理する大阪府は、金銭的な負担なしに“集客装置”を手にした格好になった。府の担当者は「公園全体ににぎわいが生まれる」と期待を寄せる。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

建設が進む大型複合施設「エキスポシティ」。右下はガンバ大阪の新本拠地となる「吹田市立スタジアム(仮称)」=8月3日午前、大阪府吹田市(本社ヘリから)

建設が進む大型複合施設「エキスポシティ」。右下はガンバ大阪の新本拠地となる「吹田市立スタジアム(仮称)」=8月3日午前、大阪府吹田市(本社ヘリから)

「50年」の長期管理…G大阪、今後の課題は収益性か

最初の試合は2016年2月。「毎試合、満員になればクラブも大きくなる」(G大阪・遠藤保仁選手)

新スタジアムでは、2016年2月に最初の試合が催される予定。元日本代表で、G大阪MFの遠藤保仁選手は「毎試合、満員になればクラブも大きくなる」と胸躍らせる。

「お客さん目線」の新スタジアムが竣工 G大阪の試みに注目集まる

一方、長期管理には「他の業者が入る余地が小さく、サービスや価格が停滞しやすいというデメリットもある」(西脇威夫弁護士)

指定管理者制度に詳しいスポーツ法政策研究会の西脇威夫弁護士は「50年近い長期委託は異例。地域貢献など、長期的視野に立った管理ができるなどの利点がある一方、他の業者が入る余地が小さく、サービスや価格が停滞しやすいというデメリットもある」と話す。

ガンバ本拠地管理47年超 新スタジアム、異例の契約〔2015年7月30日 朝日新聞デジタル〕

注目まとめ

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む