妊産婦の自殺件数に衝撃…“本能が招く”産後うつの実態

更新

東京23区で、10年間に63人の妊産婦が自殺で亡くなっていたことが判明したが、産後の自殺原因では産後うつが最多だった。この衝撃の事実をふまえ、改めて産後うつをめぐる実態を浮き彫りにすると同時に、近年叫ばれる「産後ケア」の必要性を考える。

《産後ケア》
出産した母親が、心身ともに健やかに育児に関わることができるように配慮することで、保健師や心理士などの専門家がそのサポートを行う。核家族化が進み、産後の世話や育児を家族だけで担うのは難しくなってきている現状からその必要性が叫ばれている。

「10年で63人の妊産婦が自殺」の衝撃

23人が「妊娠中」に、40人が「出産後1年未満」で自殺

東京23区の2005~14年の自殺者の記録を調べた結果、「妊娠中」の女性23人と「出産後1年未満」の女性40人の計63人が含まれていることが判明した。東京都監察医務院らが調査し、4月23日に日本産科婦人科学会で報告。

10年で63人自殺 産後うつ影響か 東京23区〔2016年4月24日 毎日新聞〕

「妊娠2カ月」「出産後4カ月」で割合が最も多く

同調査結果を自殺の時期でみると、「妊娠2カ月」(12人)、「出産後4カ月」(9人)が多かった。

10年で63人自殺 産後うつ影響か 東京23区〔2016年4月24日 毎日新聞〕

自殺した妊産婦は、出血などにより死亡した妊産婦の約2倍

2005~14年の23区内の出産数は計74万951人。東京都が集計した、出産数10万人あたりの出血などによる死亡者は4.1人(05~13年平均)である一方、同10万人あたりの自殺者は8.5人だった。

10年で63人自殺 産後うつ影響か 東京23区〔2016年4月24日 毎日新聞〕

出産後に自殺した人の3分の1が「産後うつ」

同調査では、「出産後1年未満」の6割に、うつ病や統合失調症などの精神疾患の通院歴があり、うち半数が「産後うつ」だった。妊娠中や出産後は社会から孤立しがちな上、胎児や母乳に影響する心配から薬の服用を中断して症状の悪化を招くケースが多いという。

10年で63人自殺 産後うつ影響か 東京23区〔2016年4月24日 毎日新聞〕

母親は本能的に不安に陥る?…「産後うつ」とその発症要因

育児への不安など、多様な要因から発症するうつ病の一種。出産後半年ごろまでに発症

「産後うつ」は、子供を出産した後、ホルモンのバランスの急激な変化や育児への不安、社会的孤立など多様な要因から発症するうつ病の一種。出産後半年ごろまでに発症するとされる。

産後うつ〔2016年2月22日 毎日新聞〕

統計では、10人に1人が発症

厚労省が調査した年 発症率
2001年 13.4%
2005年 12.8%
2009年 10.3%

産後うつ〔2016年2月22日 毎日新聞〕

産後の母親の8割が「産後うつだったと思う」、「一歩手前だった」

産後ケアに取り組むNPO法人「マドレボニータ」が実施したアンケート調査では、約8割が「産後うつだったと思う」、「産後うつの一歩手前だった」と回答。約6割が「妊娠中より体が楽にならなかった」、約5割が「産後に離婚が頭に浮かんだ」と回答。

産後ケアの伝道師、マドレボニータの挑戦〔2015年6月13日 東洋経済ONLINE〕

子供への虐待を招いたり、愛着形成の過程に影響を及ぼす可能性も

厚労省が児童虐待後の死亡例を調べた結果、母親の産後うつが原因と考えられる例が4.4%あったという。また産婦人科医の宋美玄(そん・みひょん)さんは、産後うつにより子供の感情表現に反応しにくくなったりすることで「結果として愛着形成の過程に支障を来すこともある」と話す

産後うつ〔2016年2月22日 毎日新聞〕

産後うつを招く危険因子は多岐にわたる

  • 親自身の虐待歴
  • 育てられた環境
  • 難産
  • 産科合併症
  • 子供の性別へのこだわり
  • 収入など社会的状況
  • 授乳困難
  • 夜泣き、など

第2子出産を前に、産後うつが心配です〔2015年10月7日 YomiDr.〕

産後直後に現れ自然回復する「マタニティーブルーズ」とは異なる

出産直後に気分が不安定になり、涙もろくなったりする「マタニティーブルーズ(マタニティーブルー)」は通常、産後2~3日に症状が現れ2週間以内に自然回復する。一方、産後うつは、産後4週間を過ぎたころに症状が現れ、これまで好きだったものが楽しめず、時には死にたいという気持ちが出てくることも。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(1)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

産後うつかも…精神面に現れるサインとは

  • 気分が落ち込む、無気力
  • 今まで楽しかったことが楽しめない
  • 自分を責める気持ちが強くなる
  • 考えがまとまらない
  • どうにかしなければと焦る
  • 死んでしまいたいと思う

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(1)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

体に現れるサインとは

  • 寝付けない、夜中や朝方目が覚める
  • 寝床から出られない
  • 何をするのもおっくう
  • 今までできていたことができない
  • 泣いてばかりいる
  • 食欲の減退または増加

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(1)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

出産を境に、女性ホルモン「エストロゲン」が急減することで不安や孤独を感じやすくなる

女性ホルモンのひとつで、胎児を育む働きを持つ「エストロゲン」は、妊娠から出産にかけて分泌量が増えるが、出産を境に急減する。急減により、母親の脳では神経細胞の働き方が変化し、不安や孤独を感じやすくなる。

ママたちが非常事態"!? NHKスペシャル〔NHK〕

エストロゲンの急減は、「共同養育」をするための本能的な仕組み

エストロゲンの急減は人類が進化する過程で確立された仕組み。人間は進化する中で、「みんなで協力して子育てする」=「共同養育」という子育てスタイルを作り上げたため、母親はいまなお本能的に、周囲と協力して子育てすることを求める。

ママたちが非常事態"!? NHKスペシャル〔NHK〕

ところが、核家族化や高齢出産が進む現代では「共同養育」が叶わないケースが多々

核家族化が進む現代環境や、高齢出産の増加で「共同養育」が叶わず、育児中の強い不安・孤独感を解消できないケースが増えている。かつては「里帰り出産」が多かったが、2011年には第1子出産時の母親の平均年齢が30歳を超え、母親の親の老齢化で満足なサポートが叶わなくなっている現状がある。

ママたちが非常事態"!? NHKスペシャル〔NHK〕

産後うつの状態、その一歩手前の母親の心境とは

「子供をかわいいと思えない」(小雪さん)

2012年に第一子を出産した女優・小雪さんは出産1カ月半後に出席したイベントで「最初は子供をかわいいと思えなかった」と発言したことで批判を浴びたが、後に「産後うつもひどかったようだ」と芸能ライターが明かしている。

小雪、韓国でのセレブ出産もうこりごり!? 第3子妊娠は国内出産

体の痛みと育児のつらさが同時に押し寄せるも「弱音を言ったら、お母さん失格と感じる」(吉田紫磨子さん)

産後セルフケアインストラクターの吉田紫磨子さんは、長女を産んだ際に産後うつを経験。初めて経験する産後の体の痛みに、子育ての苦労が重なったが、「弱音を言ったら、お母さん失格」と、誰にも相談できずにいたという。

東京都などが初の調査、「産後うつ」深刻な実態判明〔2016年4月25日 TBS Newsi〕

「自分が死ねば、このつらさに皆が気付いてくれるだろうか」(同)

吉田さん(前出)は出産から半年後、娘を抱っこできなくなったという。「もしかしたら赤ちゃんに手を出していたかもしれないけど、手を出すほどの体力もなく…自分が死んでしまえば、このつらさ、皆が気付いてくれるかなと」と思うようになっていたと振り返る。

東京都などが初の調査、「産後うつ」深刻な実態判明〔2016年4月25日 TBS Newsi〕

「些細なことがビックリするくらいショッキングに思える」(はるな檸檬さん)

妊娠前はマイペースを自認していたギャグ漫画家のはるな檸檬さんも、第一子出産の際、経験のない孤独感に襲われた。助産師の一言を受け流すことができず、「ビックリするくらいショッキング」に思えて、「何年かぶりに」大声で泣きわめいたり、退院後に実母と泣き叫びながらの大ゲンカもした。

NHKスペシャルで話題 「育児がつらい」を科学的に解明 「産後うつ」は母親のせい?〔デイリー新潮〕

「家事もせず、育児も手伝ってもらっていたのに、細かいことがいろいろ気になる」(宋美玄さん)

宋美玄さん(前出)は第一子の産後は里帰りした。家事は親任せで育児も手伝ってもらっていたが「それでも母乳について細かいことをいろいろ気にしたり…家に閉じこもっていたりすることで…メンタルヘルスに変調を来していた」という。

第2子出産を前に、産後うつが心配です〔2015年10月7日 YomiDr.〕

ほかにも…「正気が保てない」「なぜこんなにイライラするのか」との声

  • 「子供が泣いたら、相手をしてあげないといけないし、自分の計画どおりにいかない、イライラ」(娘が5カ月の母親)
  • 「周りの世界が急になくなっちゃって、子供と2人だけの世界になってしまって、正気を保てないなと思って」(2人目の息子が4カ月の母親)
  • 「私はなぜ、こんなにイライラするのかと。不安や不満をシェアできない」(息子が5カ月の母親)

東京都などが初の調査、「産後うつ」深刻な実態判明〔2016年4月25日 TBS Newsi〕

「予防」は産前からの準備やサポートが大切

【予防策(1)】妊娠中に、産後約1カ月間、そばでサポートしてくれる家族や親類などを探しておく

臨床心理士の安藤智子さんは「産後のうつには、妊娠中からの予防が大切」と話す。まずは産後1カ月程度、できればすぐそばでサポートしてくれる家族や親類などがいないか探してみるとよい。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(1)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

【予防策(2)】地域の育児支援・産後過程支援サービス情報を収集

産後に体調を崩す前に「地域の育児サポーターなどにうまく頼ることも必要」(安藤智子さん)。育児支援情報については地域の保健センターへ相談を。家事や育児の援助者を派遣する「産後家庭支援サービス」も利用可能で、中には、産前から家庭サポート事業を行う自治体もある。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(2)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

【予防策(3)】気軽に情報交換できる「ママ友達」を作っておく

妊娠中から「気軽に情報交換できるママ友達を作っておくこともおすすめ」と安藤智子さん(前出)。妊婦健診や産院での入院期間中に、気の合いそうな人や近隣に住む人と話してみる。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(2)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

【予防策(4)】産後のボディケア教室などに参加し母親同士で情報交換する

産後なら、「ベビーマッサージ教室に参加したり、ウェブで母親同士のサークルを探すのもよい」(安藤智子さん)。NPO法人「マドレボニータ」では、産後の体力回復を目的としたエクササイズのほかに、自分の思いを分かちあう「シェアリング」も行っている。

産後ケアの伝道師、マドレボニータの挑戦〔2015年6月13日 東洋経済ONLINE〕

【予防策(5)】父親は育児・家事に参加できない場合でも、母親をねぎらう努力を

「育児や家事を夫婦で一緒にできるとよい」が、仕事の都合でそれが叶わない場合、夫が「『今日はどうだった?』『がんばったね』『よく面倒をみてくれてありがとう』と妻をねぎらったり感謝の気持ちを伝えたり、一日のことを聞く時間をもつこと」で「ママの心の支えとなる」(安藤智子さん)。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(1)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

(Thinkstockより)

(Thinkstockより)

産後うつ、発症してしまったら…

【対策(1)】我慢せず、早めに地域の保健センターに相談する

臨床心理士の安藤智子さん(前出)は、産後に不調が続き、育児や家事がつらくなったら「早めに地域の保健センターに相談して」と話す。センターには、保健師や心理士などが対応する「育児相談」といった名称の相談窓口があり、必要に応じて医療機関を案内してもらえる。

妊娠中からの対策で防ごう「産後うつ」(2)〔Benesse WOMEN'S PARK〕

【対策(2)】周囲は、母親の育児・家事の負担を減らし休養させる

産婦人科医の宋美玄さん(前出)は「産後うつはホルモンの変化や作業量の過多…など、ある程度、原因が分かりやすい」ため、「育児家事の負担を軽減し、母親を休ませることで多くの人のリスク要因を下げられる」と指摘する。

「産後うつ」対策、さらに考えました〔2015年10月14日 YomiDr.〕

【対策(3)】母子がともに宿泊できる「産後ケアセンター」を利用する

利用料は発生するが、母子がともに過ごせる「産後ケアセンター」といわれる宿泊型ケア施設を利用するのもひとつの手。看護師、助産師など専門家が24時間体制で産後の母親の休養と体力回復を促すプログラムを提供。「日本産後ケア協会」では全国の施設を紹介している。

産後ケアセンターとは〔日本産後ケア協会〕

産後うつへの取り組み、その「現状」

産科学会は2017年改定のガイドラインに、具体策を盛り込む方針

日本産科婦人科学会(日産婦)と日本産婦人科医会は、国内外の統計や、妊産婦の精神ケア先進国とされる英国の取り組みなどを分析し、2017年に改定する産婦人科診療ガイドラインに、「産後うつ」に関する具体的な対策を初めて盛り込む方針。

対策へ指針 問診で早期発見 産科学会方針〔2016年2月22日 毎日新聞〕

東京都世田谷区など、産後ケアセンターの助成制度をいち早く整えた自治体もある

東京都世田谷区では2008年、他の自治体に先駆け、同区に居住する4カ月未満の子供を持つ母親を対象とする「武蔵野大学付属産後ケアセンター桜新町」を立ち上げ、利用料の90%を助成する仕組みを確立させた。

"産後うつ"へのケア、今から何が必要なのか〔2015年3月5日 東洋経済ONLINE〕

一方で遅れる国の対策…自治体が妊婦の状況を把握する機会はほとんどない

産後うつに関し、国が定める診断や治療に関するマニュアルや指針はない。また、妊娠中は医療機関による14回の妊婦健診があるものの、出産後の母親への健診は産後1カ月でしか行われておらず、自治体が妊婦の状況を把握する機会はほとんどない。

妊娠、育児支援切れ目なく 国、フィンランド参考に 本年度 150市町村に拠点施設〔2016年1月12日 西日本新聞〕

「現実的には、公的負担なくして多くの母親は救えない」(宋美玄さん)

宋美玄さん(前出)は「(産後うつには)継続的なサポートが必要だが、週に数回、訪問型のケアを頼んだだけで(経済的)負担は大きくなる。担い手が助産師などの有国家資格者になるともっと。それなりの公的負担がないと現実的にたくさんの母親を救えるものではない」と指摘する。

第2子出産を前に、産後うつが心配です〔2015年10月7日 YomiDr.〕

注目まとめ

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む