記事詳細

中国「捏造で荒唐無稽」と反発 ペンス米副大統領の内政干渉批判に

更新

演説するペンス副大統領=4日、ワシントン(AP) 1/1枚  【北京=西見由章】米国のペンス副大統領が演説で米内政や中間選挙に中国が干渉していると批判したことを受けて、中国外務省の華春瑩(か・しゅんえい)報道官は5日に発表した声明で「まったく雲をつかむような、ありもしない捏造(ねつぞう)だ」と反発し、「断固とした反対」を表明した。

<< 下に続く >>

 華氏は「両国間の正常な交流と協力を、中国による米国の内政や選挙への干渉だというのは極めて荒唐無稽だ」と非難。中国は以前から内政不干渉の原則を堅持しており「米国の内政や選挙にまったく関心はない」と主張した上で、「中国に対するいかなる中傷も徒労に終わる」と強調した。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む