記事詳細

【話の肖像画】中田英寿は最高の選手だった ジーコが考えるサッカーで最も大事なことは…

更新
産経新聞

 日本の選手からよく、試合でどうしたら良いかを聞かれた。日本人は他の人から教えられるのが好きだね。結局は全てのことを自分で考えて行動するしかないんだ。判断力が最も大事なんだよ。もしミスしてしまったら、今度はミスしないように練習を重ねるしかない。その繰り返しでうまくなるんだよ。

<< 下に続く >>

 〈2002年には日本代表監督に就任。06年ドイツW杯でブラジル代表と対戦した〉

 私はプロとしてあの場所にいたわけだから、日本のために仕事をすることしか考えていなかった。選手たちにはこう言っていたんだ。「私はブラジル人だから、ブラジルの国歌が流れたときはブラジルのことを考え、国歌を歌う。だけどブラジル人であることはそれまで。そのときが終わったら、日本のために全力をささげる」とね。でもこういうことは私だけが特別な体験ではないんだよ。ポルトガル代表を率いたルイスフェリペ・スコラリもブラジルと戦ったし、ブラジルでは珍しいことではないんだよ。

 〈ドイツW杯ではチームの主力だった中田英寿選手が大会後に引退した〉

 彼は本当にすばらしい選手だった。日本サッカーの歴史上、ベストプレーヤーだと思っている。持ち前のテクニックだけでなく理解力にも優れていて、どんな練習でもその目的を悟るのが早かった。欧州の名門チームでプレーしていたから、アドバンテージがあったんだね。適応力もあったし、他の選手たちとは違っていた。完璧な選手だったと思う。日本代表にとっては最も重要な選手だった。

写真一覧

  • 日本代表の合宿で、シュート練習をする中田英寿選手(左)を見守る=2006年5月、福島県のJヴィレッジ

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む