記事詳細

安倍晋三首相、国連事務総長と会談 北朝鮮の非核化へ協力確認

更新

共同記者発表を終え、握手する国連のグテレス事務総長(左)と安倍首相=8日午前、首相官邸 1/1枚  安倍晋三首相は8日、国連のグテレス事務総長と首相官邸で会談した。北朝鮮の核・ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄に向け、国連安全保障理事会決議の履行が必要だとの認識で一致。首相は日本人拉致問題の解決に向けた協力を呼びかけた。

<< 下に続く >>

 会談の冒頭、首相は「世界が直面する諸課題に関し、率直な議論を行いたい」と強調。グテレス氏は「北朝鮮の非核化は中心的な課題だ。中東やイランの緊張を避けることも重要になっている」と述べた。

 グテレス氏は9日に長崎市で開かれる長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に現職の国連事務総長として初めて出席する。会談では「核兵器のない世界」の実現に向け、日本と国連が協力していくことも確認した。

 首相はグテレス氏が進める国連改革についても支持する考えを示した。

 グテレス氏の来日は事務総長就任後、昨年12月に続いて2回目。

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む