記事詳細

樋田容疑者、万引き逮捕は“基準外”? 気になる懸賞金200万の行方 大阪府警OBに「ケチ」批判も

更新

樋田容疑者に関する情報提供と謝礼金200万円を掲示したポスター 1/1枚  大阪府警富田林警察署から逃走の末に逮捕された樋田淳也容疑者(30)の事件をめぐり、気になるのが懸賞金の行方だ。大阪府警OBが上限200万円の懸賞金をかけていたが、当初は万引犯としての逮捕、通報だったため、支払い対象となるかどうかが焦点となっている。府警側の判断が明らかになっていないなか、ネット上では「ケチ」との批判も。専門家は「払わないと格好がつかないのでは」とみる。

<< 下に続く >>

 樋田容疑者は9月29日、山口県周南市の道の駅「ソレーネ周南」で食料品などを万引し、店を出たところを女性警備員に取り押さえられた。警備員は道の駅が委託した警備会社の職員だった。

 大阪府警OBによる懸賞金は、提供された情報の中で有力なものを捜査本部がOBに伝え、懸賞金の額を判断するというものだった。

 道の駅側は取り押さえた男を万引犯として警察に通報、その後の警察の捜査で樋田容疑者と判明した経緯だったため、懸賞金の基準に該当しないという報道もあった。そのためツイッターでは「ケチやな~」「協力してくれる人いなくなるよ」といった批判も出た。

 ただ、関係者によると、懸賞金について「検討中の段階。あくまで私的謝礼金なので、OB会が決めることになるだろう。(警備員も)検討対象に入っている可能性はある」という。

ピックアップ

    注目ニュース

      アクセスランキング

      iza! ソーシャルメディア公式アカウント

      • twitter
      • facebook
      • google+
      • iza!を読む