記事詳細

「いじめ原因」を否定 中3自殺 東京都葛飾区・第三者委

更新

記者会見する平尾潔弁護士=28日午後、東京都葛飾区 1/1枚  平成26年4月、東京都葛飾区立中学3年の男子生徒=当時(14)=が部活動後に自殺した問題で、同区の第三者委員会は28日、「部員の行為はいじめではなく、いじめが原因の自殺ではない」などとする報告書を青木克徳区長に提出した。

<< 下に続く >>

 報告書などによると、男子生徒は平成26年4月9日、大会に向けた部活動のチーム決めの際に沈黙して動かなくなってしまったため、周囲の部員がピンポン球を当てたり、ジャージーを下げようとしたりした。その後、男子生徒は学校を出て自殺した。生徒の両親は、周囲の部員の行為が自殺の原因だとして、区教委に調査を要望。区教委は「因果関係はない」としたため、両親は区長に再調査を依頼していた。

 第三者委の平尾潔委員長によると、「いじめ防止法の定義ではなく、社会通念上のいじめに当てはまるかを検討した」として、部員の行為はいじめと認定するほどの悪質性はないと判断。相手が決まらなかったことが原因で衝動的に自殺したとした。

 報告書に対し、両親らは「法律上の定義を当てはめずに、いじめを否定したことは誤りだ」などとして再考を求める意見書を区に提出した。

注目ニュース

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む