iza! for mobile

「誰でもいいから殺して死刑に」49歳医師逮捕、透析患者のチューブ抜く

ニュース

「誰でもいいから殺して死刑に」49歳医師逮捕、透析患者のチューブ抜く

更新

東京都町田市の医療法人社団三友会あけぼの第二クリニック=12日午前  透析治療中の男性患者のチューブを引き抜いて殺害しようとしたとして、警視庁町田署は12日、殺人未遂の疑いで、「あけぼの第二クリニック」(東京都町田市)所長で医師の橋爪健次郎容疑者(49)=同市小川=を逮捕した。橋爪容疑者は犯行後に同署に自首し、「誰でもいいから殺して死刑になりたかった」と供述している。

 逮捕容疑は11日午後8時20分ごろ、町田市中町の同クリニック3階の人工透析室で、人工透析を受けていた50代の男性患者が使用していた透析用監視装置のチューブを引き抜き、殺害しようとしたとしている。

 患者と周りにいた医療関係者がチューブが抜かれたたことに気付いて対応し、患者の容態に異変はなかった。

 橋爪容疑者は腎臓内科が専門で、患者の担当医だった。人工透析室にはほかに約10人の患者がいたという。橋爪容疑者は自首した際、「人を刺しました」と意味不明な話をしており、同署が詳しい経緯を調べている。

 同クリニックでは平成22年6月、人工透析中だった70代の女性患者の透析装置のチューブが抜けて死亡する事故があり、看護師の男が業務上過失致死容疑で書類送検された。橋爪容疑者は当時、透析部門の責任者だった。

 同クリニックは「事態を把握できておらず、何も申し上げられない」としている。

iza!ソーシャルメディア公式アカウント