記事詳細

1都2県で9200万円被害 韓国からの出稼ぎ窃盗に関与、男女5人逮捕

更新
地方・東

 埼玉など1都2県で70件、被害総額9200万円の空き巣事件に関与したことが裏付けられたとして、埼玉県警と警視庁は7日、窃盗などの疑いで韓国籍の男女5人をさいたま地検に追送検した。

<< 下に続く >>

 追送検されたのは、いずれも韓国籍の東京都江戸川区中葛西、コンサルタント業、李教柱被告(53)と住居不定、職業不詳、徐貞秀被告(62)ら男女5人=いずれも窃盗罪などで公判中。県警によると全員、容疑を認めている。

 李容疑者らは昨年3月~10月、埼玉、千葉、東京の各都県で、民家に侵入し現金や貴金属などを盗んだとしている。

 県警によると、李容疑者は韓国内の窃盗グループと共謀。韓国からの窃盗犯らを川口市内のウィークリーマンションに住ませるなどしていたという。

 窃盗グループは観光目的で滞在できる90日間を利用し、犯行を繰り返していた。李容疑者は昨年3月から、一組3人の窃盗犯を計4組受け入れていたとみられ、1日50~100万円の報酬を受け取っていたという。

アクセスランキング

iza! ソーシャルメディア公式アカウント

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • iza!を読む