記事詳細

【衝撃事件の核心】なぜ笑う? 「黒子のバスケ」脅迫事件、夢破れた36歳男の「心の闇」

更新
産経新聞

 「黒子のバスケ」脅迫事件で逮捕された渡辺容疑者。夢破れ、一方的に作者に恨みを募らせた36歳の男が抱えていた心の闇とは。

 警察署から現れた男は、無数のフラッシュが浴びせられるのを喜ぶように笑っていた-。人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件で、大阪市東成区の派遣社員、渡辺博史容疑者(36)が15日、警視庁に威力業務妨害容疑で逮捕された。

 漫画家を目指していたという渡辺容疑者は「作者の成功をやっかんだ」と供述。昨年10月以降の一連の事件への関与も全面的に認めた。数々のイベントを中止に追い込み、関連商品が撤去されるなど、1年以上にわたる劇場型犯罪で世間を振り回した男は心にどんな闇を抱えていたのか。(中村翔樹、宇都宮想)

 ■2つのポストに封筒を投函 リュック発見で500キロ尾行

 冬晴れとなった15日午後3時過ぎ。東京都渋谷区恵比寿のJR恵比寿駅近くの郵便ポスト前で渡辺容疑者の不審な行動を目にし、警視庁捜査1課の捜査員は確信を得た。それほど離れていない位置に置かれた2つのポストに、続けざまに封筒を投函(とうかん)しようとしたからだ。

 「こいつに間違いない」

 捜査員に声をかけられた渡辺容疑者は慌てた様子で手袋を外してジャンパーのポケットに押し込み、抵抗するそぶりを見せた。だが、捜査員に追及され、「ごめんなさい。負けました」とあっさりと“敗北”を受け入れた。

 この日早朝、捜査員は約500キロ離れた大阪市北区のJR大阪駅近くで渡辺容疑者を発見し、目星を付けていた。

 これまでの捜査で、脅迫文が送付されたイベント運営会社など約70社のホームページの接続履歴計約43億5000万件を調べ上げ、大阪市内の複数のネットカフェから接続された共通点があることを突き止めていた。

 さらに、各店舗の防犯カメラで、黒地に白線入りのリュックサックを背負った不審な男が出入りしているのを確認。男が東京行きの高速バスのサイトを閲覧していたため、捜査員がJR大阪駅で張り込んでいたところ、同様のリュックを持った渡辺容疑者が現れたというわけだ。

 捜査関係者は「12月下旬には、黒子のバスケ関連のイベントが都内で相次いで予定されており、必ず何らかの動きがあるとみていた」と打ち明ける。

 渡辺容疑者は午前6時ごろにJR東京駅行きの高速バスに乗り込んだ。捜査員もひそかに同乗して尾行を開始。午後3時ごろ、JR新宿駅のバスターミナルで下り、山手線に乗り換えて降り立ったのが恵比寿駅だった。

 捜査1課がにらんだ通り、身柄を確保された際、渡辺容疑者のリュックには12月下旬に都内で開催される高校バスケットボールの全国大会などで危害を加えるという内容の脅迫文が約20通入っていた。

 ■漫画家目指すも挫折 面識ない作者に嫉妬?

 捜査員は捜査本部がある麹町署に渡辺容疑者を任意同行。昨年10月12日に作者の藤巻忠俊さんが在籍していた上智大学(東京都千代田区)の体育館2階に硫化水素入りの容器や「喪服の死神」を名乗る脅迫文を置き、大学の業務を妨害した疑いで逮捕した。

 硫化水素は気化すれば致死量を大幅に上回る濃度で、容器内では硫化水素が発生していたが、発見した女子学生がふたを開けなかったため、けが人は出なかった。「一歩間違えれば死者が出ていてもおかしくなかった」。捜査関係者はこう憤る。

 渡辺容疑者はその後も約500通の脅迫文を送ったと供述しており、捜査1課が確認した約400通の消印だけでも、東京、埼玉など首都圏のほか、大阪、名古屋、神戸、福岡など全国9都府県16カ所の郵便局に及んでいた。

 居住先が特定されないように投函先を転々としながら、執拗(しつよう)に犯行を重ねていたとみられ、脅迫文や封筒からは指紋が見つかっていない。身柄を確保される直前に手袋をしていたように、渡辺容疑者は「指紋が付かないように細心の注意を払っていた」と供述している。

 捜査関係者によると、渡辺容疑者は高校卒業後、漫画家やアニメのクリエーターを目指し、専門学校に通っていたが、わずか1年で挫折。現在は日雇いの派遣社員として、かつて夢見た未来とは無縁の世界で働いていた。自宅は家賃約4万円のワンルームマンションだった。

 かたや、藤巻さんは代表的な漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で、平成20年から「黒子のバスケ」を連載。コミックス25巻の累計発行部数は2400万部を超え、関連イベントも人気を集めていた。

 渡辺容疑者は「作者の藤巻さんと面識はない」とする一方、「漫画で成功していることにやっかみがあった」と供述。脅迫文では「喪服の死神」の他、「怪人801面相」「黒報隊」などを名乗り、複数犯を装っていたが、「全部一人でやった」と話しているという。

 ■ニコチン抽出?茶色の液体 毒物混入法違反罪の適用も

 渡辺容疑者の自宅からは硫化水素を生成できる住宅用洗剤とみられるボトルや、黒子のバスケが表紙になった週刊少年ジャンプ、コミックスなどが見つかった。ボトルはラベルが剥がされた状態で、「硫化水素発生中」と書かれた紙も残されていた。

 脅迫文に使われたのと同じタイプで、封筒兼用の便箋「郵便書簡」の束も見つかり、今後も脅迫文を送り続ける目的で準備を進めていた可能性が高い。

 捜査1課が注目しているのは、同じく自宅の捜索で見つかった茶色の液体入りのペットボトルだ。たばこから抽出したニコチンが溶け込んでいるとみられ、成分の鑑定を進めている。渡辺容疑者はたばこを吸わないという。

 10月24日に産経新聞などに届いた脅迫文には、千葉県浦安市内の実在する店舗の名前を挙げ、「農薬を付けた菓子を作って置いてきた」と書かれており、実際に同店に置かれたカード付きウエハース1袋から致死量の100分の1程度の量のニコチンが検出された。包装が開けられ、「毒入り危険」と書かれたシールも張られていた。

 ニコチンは毒劇物取締法で毒物に指定され、たばこ数本から成人の致死量が抽出できる。渡辺容疑者はニコチンを混入したことも認めており、捜査1課は、グリコ森永事件を機に制定され、威力業務妨害罪よりも重い最高10年の懲役刑が科せられる流通食品毒物混入防止法違反罪の適用を視野に捜査している。

 事件の始まりは、上智大学で硫化水素入りの容器などが見つかる数時間前の昨年10月12日午後1時半ごろ、千葉県浦安市内のインターネットカフェで、ネット掲示板「2ちゃんねる」に書き込まれた「俺は藤巻に全てを奪われた。恨むのなら藤巻を恨め!」との犯行声明だった。

 だが、藤巻さん本人に実質的な被害がないため、捜査関係者の間では、世間を騒がせて注目を集めることが目的なのではないかという見方が広がっていた。

 17日に東京地検に送検されるため、麹町署から出てきた渡辺容疑者。待ち構えたカメラマンから無数のフラッシュを浴び、白い歯をのぞかせながら警察車両に乗り込んだ。その様子を見た捜査関係者は、皮肉混じりにこうつぶやいた。

 「最後に願いがかなってよかったじゃないか」

注目まとめ

    アクセスランキング

    iza! ソーシャルメディア公式アカウント

    • twitter
    • facebook
    • google+
    • iza!を読む