iza! for mobile

映画『永遠の0』の特攻パイロットは実在した…元ゼロ戦操縦士は語る

ニュース

映画『永遠の0』の特攻パイロットは実在した…元ゼロ戦操縦士は語る

更新

映画「永遠の0」のワンシーン。ゼロ戦が忠実に再現されている=(C)2013「永遠の0」製作委員会  【戸津井康之の銀幕裏の声】映画『永遠の0』の特攻パイロットは実在した(上)

 「まるで本物の空中戦の最中にいるようでした」。発行部数300万部を超える百田直樹さんのベストセラー小説を映画化した『永遠の0(ゼロ)』(山崎貴監督)が全国で封切られた。主人公のゼロ戦パイロット、宮部久蔵の壮絶な生き様を描く戦争ドラマ。冒頭の言葉は、元ゼロ戦操縦士、笠井智一さん(87)=兵庫県伊丹市在住=の映画を見た感想だ。さらに笠井さんはこう証言した。「宮部のような伝説のパイロットは確かにいた…」と。

 ■圧巻の操縦シーン

 《宮部久蔵(岡田准一)は高い操縦技術を持ち、歴戦のパイロットたちからも一目置かれる存在だった。一方で、あまりにも「生きて帰ること」に執着していたため、臆病者だというレッテルを貼られていた…》

 「小説を読んだ当初、私は宮部のようなゼロ戦パイロットはいないと思っていました。当時のゼロ戦パイロットは生死と隣り合わせの状況で、皆、いつも死を覚悟していましたから。でも、小説を読み終えて考えが変わりました。なぜ宮部は生還することにこだわったのか。それは、日本を守るため、自分が生き残って戦い続けるためだったからです」

 第二次大戦中、グアムやサイパンなど南洋を転戦、特攻隊の掩護を何度も務め、生死をくぐり抜けてきた笠井さんの言葉は重い。

 笠井さんは映画での空中戦のCG映像のリアルさに加え、操縦場面の描き方にも感心していた。

 過去の航空映画について笠井さんは「パイロットが前方だけを見て操縦している場面が多かったが、これは間違いです」と指摘。「実際は前方3割、7割は斜め後方を見ながら操縦します。敵機をいち早く発見するためです」と説明する。『永遠の0』で宮部を演じる岡田さんはこの笠井さんのアドバイスを忠実に守り、操縦シーンでは絶えず周囲に視線を向けながら操縦桿を操っている。

 ■マフラーはおしゃれのためではない

 また、パイロットの装備についても、「忠実に再現されていましたね」と笠井さんは評価する。

 岡田さんたちゼロ戦パイロットを演じた俳優は、首に絹の白いマフラーを巻いている。「“これはおしゃれのためですか”と聞く人もいますが違います」と笠井さんは苦笑しながら否定した。

 「飛行中にエンジンや風防が被弾すれば、顔に油や炎がふりかかってくる。絹のマフラーを巻き付けておくことで、これを防ぐのです。絹は燃え難いから、やけどを防ぎ、首や顔を守ってくれる。装備にはちゃんとした理由があるんです。若い頃、パイロットのマフラー姿が格好良い、と女性たちから言われましたが、おしゃれのためではないのです」と笠井さんは説明する。

 ■ゼロ戦乗りが「逃げる」などあり得ない

 では、宮部のようなゼロ戦パイロットを笠井さんは、どう見たのか。

 「ゼロ戦乗りが空中戦の最中に敵機から逃げるなんてありえない。小説を読んでこうも思いましたが、思い返すと、私も、ゼロ戦の馬力をはるかに上回る米戦闘機グラマンヘルキャット6機に囲まれたとき、体勢を立て直すために、戦闘空域から離脱し、山陰に避難したことがあります。あれは逃げたことになるのかなと…。でも、もしあのまま戦っていいたら無駄死にしていましたね。宮部は決して恐くて逃げていたわけではないのです」

 小説『永遠の0』の冒頭の特攻シーンは緊迫感に満ち、息をのむ。

 《1機のゼロ戦が、レーダーをかいくぐって敵艦に近づくため、海面すれすれの超低空で飛び、接近後、艦砲射撃をかわすため、一気に対空砲の死角となる艦橋の真上に急上昇。そして敵艦上空で再び反転、急降下する…》

 昭和17年、笠井さんはゼロ戦に搭乗、特攻機の掩護につき、米艦隊に近づいていた。米軍機との空中戦が始まり、一機のゼロ戦が米軍攻撃機に体当たりしていった。さらに被弾したもう一機のゼロ戦が、海上へ浮上してきた敵潜水艦目がけて急降下していく…。「どちらも見事な特攻でした。そのときは悲しいとは考えなかった。次は俺が行くぞ」と笠井さんは決心したという。

 ■確かに「宮部」を見た!

 そして、笠井さんは信じられない光景を目撃する。敵艦に近づき特攻寸前だった一機のゼロ戦が、突然、大きく反転、そのまま上空へと軌道を変えた。笠井さんは、「何だ、あの飛び方は?」と驚いた瞬間。そのゼロ戦は上空で再び反転、敵艦目がけて急降下したのだ。

 基地に戻った笠井さんに、ともに生還した部隊長が興奮しながら、こう語ったという。

 「笠井、あのゼロ戦を見たか。一度、特攻したかに見えた状況から、機体を反転させて、再度突入した。あんな操縦ができる強い精神力と技量を持ったパイロットはそうはいないぞ」と。

 笠井さんは決して特攻を美化していない。

 「戦争で若者が死ぬのは悲しいことです。二度と戦争を起こしてはなりません。ただ、あの時代、若いパイロットたちは皆、日本を、日本人を守りたいという一心だけで命懸けで戦っていたのです。その思いだけは語り伝えたいのです」

iza!ソーシャルメディア公式アカウント