イスラム諸国、相次ぐモスク閉鎖 新型コロナ 厳戒、抗議、祈りの訪問…

カイロ近郊のモスクの外で、マスクを着けて礼拝に参加する男性=20日(ロイター=共同)

カイロ近郊のモスクの外で、マスクを着けて礼拝に参加する男性=20日(ロイター=共同)

 【カイロ=佐藤貴生、シンガポール=森浩】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、イスラム教徒の多い中東やアジアの国々でモスク(イスラム教礼拝所)への立ち入りを禁じたり、宗教行事を中止したりする動きが相次いでいる。「礼拝」はイスラム教の宗教上の義務行為であり、モスクは人々の休息や情報交換の場ともなってきた。各国政府の措置には信徒からさまざまな反応が出ている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ